もうなんのブログだかわからない

先月、6月も終盤に差し掛かった頃
お手伝いしている動物愛護団体
アニマルレスキュードリームロードさんに
とある女性から多頭飼育崩壊の相談が入りました。

元々ペット不可のお家でオスメス2匹の猫を飼っていた女性。
避妊/去勢をしなかったため8年間で20匹以上に増え
ご近所から苦情が出て立ち退きを迫られている
しかも自分は病気で、これ以上飼い続けられないと。

保健所から多くの犬猫を助けているドリームロードですが
保健所の子たちだってすべて助けられているわけではない中
まして、子猫が多くて一番忙しいこの時期に
貰い手のつきづらい成猫を大量に受け入れるのは不可能です。

でも、何もしなければ助かる猫はゼロ!
せめて1匹でも2匹でも助けたい!
そんな思いで代表の原さんは現地を訪れました。

聞けば家主から提示された期限は6月末。
残された時間は、わずか1週間しかありません。
何故もっと早く避妊/去勢をしなかったのか
せめて、何故もっと早く相談しなかったのか
いろんな思いが駆け巡る中
とにかく大急ぎで出来る限り里親さんを見つけようと
写真を撮ってすぐに募集を開始しました。
DEh_AceU0AAiRDY.jpg


その後、様々な方の努力の甲斐あって
家主さんは期限を7月末まで延期してくれることに。
ところが、そうこうする内りんごちゃんは更に5匹の子猫を出産!
DEiLs92V0AE53Si.jpg


とにかくこれ以上増えれば事態が悪くなるばかりだと
ひとまず男女を分けるために我が家で女の子を預かり
早急に避妊手術をすることになりました。

この辺りの動物病院はほとんどが獣医師一人で
避妊手術は1日に1件しかやってくれません。
いろんな病院に出来る限り手術の予約を入れて
順次、手術を受けさせる予定です。

1499696243990.jpg

1499696275714.jpg

飼い主さんは猫たちをかわいがっておられるとは思います。
20匹以上いても1匹1匹の名前や特徴を把握しているし
猫たちはリラックスして暮らしているようでした。
何より、みんなとても人に馴れていますから。

でも、愛情は持っていても、責任を果たしてこなかった。
その結果、今、猫たちをいのちの危機に晒しているのです。

生き物と暮らすには、愛情と責任の両輪が無ければいけません。
自分の愛情を満たすだけでは結局、生き物を不幸にしてしまいます。
人間社会で共存していく以上
なにより猫たち自身を守るために避妊/去勢手術が必要なのです。

1499696251754.jpg

里親様を募集している成猫14匹の内
現在、決まっているのは6匹。

今月中にあと8匹に新しい家族が必要です。
みんなとても人懐こく気立ての良い子たちばかりです。
どうか皆様のご協力をお願い致します。
お問い合わせは里親募集チラシの電話番号まで!
 
スポンサーサイト
2017.07.12 / Top↑
出雲市の動物愛護団体「アニマルレスキュードリームロード」は毎年100匹以上の猫を保護しています。
現在、AD缶と子猫用のカルカン パウチが特に不足しております。

<送り先>
〒693-0051
島根県出雲市小山町115
「アニマルレスキュー ドリームロード」宛
TEL:090-3742-7334


ご寄付くださる場合は・・・・・

<寄付口座>
◇ゆうちょ銀行からの場合◇
記号:15300
番号:238471
名義:アニマルレスキュードリームロード

◇その他の銀行からの場合◇
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
普通口座
口座番号:0023847
名義:アニマルレスキュードリームロード


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
出雲市の動物愛護団体「アニマルレスキュードリームロード」

保健所に収容された犬猫を保護する活動を行っています。

1496833938612.jpg


今年で活動開始から8年

保護頭数は猫だけで毎年約100匹に上ります。

活動する中で徐々に知名度、ご支援の手も増えていますが

出雲人の気質なのか(?)代表の原さんも飯塚さんも

物資の支援や寄付を呼び掛けるのは遠慮がち。

費用的にはかなりの部分を手弁当で運営されています。


といったわけで

あまり出雲人らしい奥ゆかしさを持ち合わせていないわたしくが

物資の募集をお手伝いすることになりました(笑)


先日、Twitterで子猫ミルクを募集したところ沢山のご支援を頂きました。

本当にありがとうございます!

01496832514272.jpg


子猫たちも日に日に成長し

最近は子猫用カルカンパウチがモリモリ食べられております。


そして現在、特に不足しているのは猫のAD缶です。

食が細い子たち、主に猫エイズキャリアの子たちにあげています。

なかなか自分から食べてくれない子は手から食べさせたりと

手間もかかりますが、健康には代えられません。


1496832490324.jpg


猫エイズ/猫白血病などの感染症を持っている子は

どうしても貰い手がつかないことが多く

シェルターで長年のお世話が必要になってきます。

新しい家族を見つけられないまま生涯を閉じてしまう子もいます。


1496832482146.jpg

お高いものですので、お願いするのも心苦しくはありますが

この子たちが少しでも健やかに長生きできるよう

皆様のご支援をお願い致します。
2017.06.07 / Top↑
【追記】2017/06/05
今回の募集を締め切らせて頂きました。
いつもご支援ありがとうございます!


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------

震災から6年以上、犬猫のために福島へ通い続けているMさん。

華奢な体で東京と福島を毎週往復しています。

1496315171261.jpg


ただでさえ気力と体力のいる活動。

その上、いろんなトラブルにも見舞われてきました。

先週はバリケードを越えてすぐに車がまさかのパンク!

お蔭で思うように活動できなかったそうです。


1496315162888.jpg


それでも、いろんな問題をひとつひとつ解決しながら

未だに福島へと通い続けるのは

何より、放置できない命がそこにあるから。

1496315177152.jpg

そして、猫たちの幸せな姿を一目見れば

どんな苦労も吹き飛んで、苦労ではなくなってしまう。

Mさんがそんな人だからです。


皆様のあたたかい支えがあってこその活動です。

引き続きご支援をお願い致しますm(_ _)m

 
2017.06.01 / Top↑
【追記】2017/05/15
今回の募集を終了致しました。
いつも多くのご支援、本当にありがとうございます。


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便 営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------


先日、Mさんに保護された子。

1494406423370.jpg

口内炎があるのか、口の周りがずいぶん汚れています。

なんだか体の具合も悪そう。

早く元気になってくれると良いのだけど‥‥。


今年はずいぶん変な気候で

早くも夏が来たかと思えば、また肌寒くなりと

猫も人も体調を崩しやすい状況が続いています。


1494406430032.jpg

どうか元気でいる内に

せめて生きている内に

1匹でも保護できますように。

みなさまのご協力をお願い致します。

2017.05.12 / Top↑
【追記】2017/04/25
今回の募集を締め切らせて頂きました。
いつも温かいご支援、本当にありがとうございます。


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------

2014年に大熊町で保護された「のりお」くん。

とっても怖がりで、なかなか人に馴れず
そのため里親様とのご縁も繋がらないまま
保護されてから長いことMさんの元で暮らしてきました。

1492766773122.jpg

性格も健康状態も分からないまま
とにかく目の前のいのちを守るために保護する中で
当然、ご縁をつかむのが難しい子も出て来ます。
残念ながら保護先で生涯を終えてしまう子も
少なからずいるのが現実です。

だからといって
もらい手がつきそうな子だけを選んで保護する
なんてこと、物理的にも、そしてなにより心理的に
到底できるはずがありません。

目の前のいのちを
人のいない町に残したままでは帰れないのです。

1492766799257.jpg


丁寧にお世話されているMさんの保護猫たちを見て
「幸せそうですね」と言って頂くこともあります。

確かに保護された子たちは楽しそうにも見えます。


1492685754329.jpg

けれど、常に多くの保護猫に囲まれた毎日は
やっぱり、1匹1匹に全力を注いでもらえる「飼い猫」とは違います。

そんなのりおくんに嬉しいお話が!
同じく人見知りだった「ぱんこ」ちゃんの里親様から
トライアルのお申し出があったのです。

なにせ、こういう性格の子ですから
すぐに万事快調とはいかないかも知れないけれど
ようやく訪れた貴重なご縁。
どうかつかみとって、幸せになってほしいものです。

1492685765694.jpg

こうして猫たちを保護できるのも、皆様のご支援あればこそです。
どうか引き続きよろしくお願い致します。

 
2017.04.21 / Top↑