もうなんのブログだかわからない

夜中に我が家へやって来たりんごファミリー。
子猫たちは、体の丸模様の数で見分けられるよう
ニコマル、イチマル、プレーンと名付けました。

DGSi4NCV0AEaMBE.jpg


初日は緊張していたりんごママも
静かな環境と栄養たっぷりなフードで安心したのか
見違えるほど子猫たちを世話するようになり
おちちも見る間にパンパンにはってきました。

今はとにかく、すごい食欲!
授乳って自分の体を分け与えるような重労働なんだろうと
りんごママの食べっぷりを見ていると感じます。

DGTvw_LVoAIY9o6.jpg


一番症状のひどかったニコマル以外は風邪もすっかり治って
体重も日々順調に増え、最近は離乳も始まっています。

とにかく毎日、みんなで遊んで寝て食べて遊んで!
元気いっぱいに過ごしています。

DGTwlFCV0AAuFGo0.jpg

多頭崩壊現場にいた女の子たちは
1匹を除いてすべて出産経験があると聞いています。
恐らく発情期には毎年、とてつもない数の子猫が生まれていたはず。

それでも環境を整えてもらえるわけでもなく
落ち着かない中での出産/子育てを繰り返し
ママたちは体をすり減らして
産まれた子たちもたくさん命を落としてきたのでしょう。

DF-keHJUQAAJYYw.jpg


子猫たち、すくすく育って、きっと幸せになろうね。
りんごちゃんも、子育てが落ち着いたら
これからは自分の猫生を楽しんで生きていこうね。


1502021210918.png

多頭現場の子たち、まだまだ里親様が決まっていません。
あたたかく迎えてくださるご家族、ぜひご連絡ください!

スポンサーサイト
2017.08.10 / Top↑

多頭崩壊現場の子たち
なんとか家主さんに期限を延ばしてもらい、全頭救出に向けて努力を続けています。

1502021210918.png


出産組以外は女の子たちの避妊手術が終わったので
今度は男の子の去勢を始めるため、ひとまず2匹を迎えに
‥‥行ったはずでした。

ところが

ドリームロードに相談が来て間もなく出産した、りんごちゃん。
お部屋の真ん中にある箱の中で5匹の子猫を育てていました。

落ち着くまで子育てに専念してもらおうと、前回、置いてきた子です。

1502021239529.jpg

しかし

私たちが再び訪れるまでのわずかな間に
なんと2匹もの子猫が命を落としていたのです。

その間、飼い主さんからは何のSOSもありませんでした。

残っている子たちもみんな風邪をひいていて
一番症状のひどい子は今にも失明してしまいそうな状態。
一方でりんごちゃんは、環境のせいかママモードが切れているようで
お乳の出も悪く、もう子どもたちを置いて家の中をうろついています。

1502021269671.jpg


ドリームロードも、うちも、もう手一杯。
でも、置いて行ったら子猫たちには二度と会えないだろう。

そう考えると泣けてきて
とても置いてくることが出来なかった。

1502021302809.jpg

りんごママ。そして子どもたち。
きっと元気にして、幸せなお家を見つけるからね。

2017.08.06 / Top↑
先月、6月も終盤に差し掛かった頃
お手伝いしている動物愛護団体
アニマルレスキュードリームロードさんに
とある女性から多頭飼育崩壊の相談が入りました。

元々ペット不可のお家でオスメス2匹の猫を飼っていた女性。
避妊/去勢をしなかったため8年間で20匹以上に増え
ご近所から苦情が出て立ち退きを迫られている
しかも自分は病気で、これ以上飼い続けられないと。

保健所から多くの犬猫を助けているドリームロードですが
保健所の子たちだってすべて助けられているわけではない中
まして、子猫が多くて一番忙しいこの時期に
貰い手のつきづらい成猫を大量に受け入れるのは不可能です。

でも、何もしなければ助かる猫はゼロ!
せめて1匹でも2匹でも助けたい!
そんな思いで代表の原さんは現地を訪れました。

聞けば家主から提示された期限は6月末。
残された時間は、わずか1週間しかありません。
何故もっと早く避妊/去勢をしなかったのか
せめて、何故もっと早く相談しなかったのか
いろんな思いが駆け巡る中
とにかく大急ぎで出来る限り里親さんを見つけようと
写真を撮ってすぐに募集を開始しました。
DEh_AceU0AAiRDY.jpg


その後、様々な方の努力の甲斐あって
家主さんは期限を7月末まで延期してくれることに。
ところが、そうこうする内りんごちゃんは更に5匹の子猫を出産!
DEiLs92V0AE53Si.jpg


とにかくこれ以上増えれば事態が悪くなるばかりだと
ひとまず男女を分けるために我が家で女の子を預かり
早急に避妊手術をすることになりました。

この辺りの動物病院はほとんどが獣医師一人で
避妊手術は1日に1件しかやってくれません。
いろんな病院に出来る限り手術の予約を入れて
順次、手術を受けさせる予定です。

1499696243990.jpg

1499696275714.jpg

飼い主さんは猫たちをかわいがっておられるとは思います。
20匹以上いても1匹1匹の名前や特徴を把握しているし
猫たちはリラックスして暮らしているようでした。
何より、みんなとても人に馴れていますから。

でも、愛情は持っていても、責任を果たしてこなかった。
その結果、今、猫たちをいのちの危機に晒しているのです。

生き物と暮らすには、愛情と責任の両輪が無ければいけません。
自分の愛情を満たすだけでは結局、生き物を不幸にしてしまいます。
人間社会で共存していく以上
なにより猫たち自身を守るために避妊/去勢手術が必要なのです。

1499696251754.jpg

里親様を募集している成猫14匹の内
現在、決まっているのは6匹。

今月中にあと8匹に新しい家族が必要です。
みんなとても人懐こく気立ての良い子たちばかりです。
どうか皆様のご協力をお願い致します。
お問い合わせは里親募集チラシの電話番号まで!
 
2017.07.12 / Top↑
多頭現場から保護された、預かり子猫たち。


チビミ&チビ助のそっくりコンビは

元気いっぱいのチビミと、ちょっと控えめなチビ助だと思っていたら

なんだか最近はチビ助の方がぐいぐい前に来るのです。


12647009_964224403671942_6701045310481280796_n.jpg

似てて見分けがつきませんけども‥‥

手前で小首をかしげているのがチビ助

奥でDVDプレイヤーに鎮座しているのがチビミですよ。


12565622_962130663881316_6499973288303972497_n.jpg

なんだかいつも困り顔のチビ助。

別に何かに困っているわけではないと思いますが

なんだろう? たれ目なのか? 口周りがシュッとしてるせいなのか?

いつも少しだけ「ごめんなさい」みたいな表情をしています。


12573666_960560300705019_9065280635680647407_n.jpg

でも、おもちゃに夢中な時はワイルド。

こんなチビ助くんも里親様を募集中です!

 
2016.01.30 / Top↑
ドリームロードさんの手によって多頭現場から保護され

我が家でお預かりしている子猫たち。

毎日、元気に無邪気にやっております。


1453381670900.jpg

「ほそ姉ちゃん、なにしてるにゃ?」

「ひとの視界をさえぎるお仕事よ」


君たち

それはパソコンと言ってね

インターネットをしたり文字を入力したりするものなんだよ。

決して載ってくつろぐ場所ではない。


1453381686770.jpg


「ふむふむ。そうだったのね」

そうだったのよ。


1453381722585.jpg


「じゃあ、がんばってお手伝いするぞ~!」


え、いや、そういうのはお気持ちだけで‥‥


1453381732148.jpg

「ふ~。たっぷりお手伝いしたぞぉ」


こんな預かりーず、里親さま募集中です!

 
2016.01.21 / Top↑