もうなんのブログだかわからない

個人ボランティアMさんへのフード支援。
みなさまから頂戴したフードはこの土日、確実に圏内へと届けられました。
改めてご協力ありがとうございます。またご支援をお願いした際には、ご協力いただければ幸いです。


120521_175230.jpg

今日は、よい子でお留守番していた「おう」ちゃんのお話。
今年の1月頃、大熊町の大野駅でMさんに保護されました。
M家にいる猫さんには珍しく、器量よしで人馴れもしている飼い猫らしい子。
すぐに里親さんが見つかってもおかしくない美ニャンです。

SBSH0174.jpg

まんまるお目目に、ながーいシッポ。かわいいでしょ。
でも、Mさんは「里親さんを見つけるのは難しそう」と言います。

実はおうちゃん、重度の「横隔膜ヘルニア」という病気を抱えているのです。
おうちゃんに何があったかは分かりませんが、事故などの外傷によって横隔膜が裂ける(!)ことで発祥するこの病気。いろんな臓器が圧迫され呼吸できる領域が狭いため、すぐに疲れて息が上がってしまいます。
本来は手術する病気なのですが‥‥おうちゃんは既に内臓がかなり癒着していて手術も難しいとの診断。そもそも麻酔に耐えられない状態のため、治療することは出来ません。病院通いもかなりのストレスらしく、すぐに緊張で呼吸が苦しくなってしまいます。
そのため、今は検査や治療で負担をかけるよりも、穏やかに過ごせる環境を優先しています。

SBSH0169.jpg

まだ3歳くらいのおうちゃん。本来なら遊びたい盛りです。
でも、他の猫たちと遊ぶのもこの子には重い負担。びっくりしたり、思わずはしゃぐと、呼吸困難になって酸素吸入しなければなりません。安静にするため、やむなくケージで暮らしています。

こんな状態の子が、警戒区域で1年以上も生きていたこと自体、奇跡ですよね。
保護の手が届く日まで、毎日をどれだけ賢明に生き延びてきたのか。
そしてまた一方で、おうちゃんのような重い病を抱えたまま、圏内で最後を迎えた子たちが一体どれだけいるのでしょうか。

無残な死を迎える前に、最後の「幸運」で保護されたおうちゃん。
せめてもの穏やかな余生を約束してくれる里親さんが現れてくれればよいのですが。
 
スポンサーサイト
2012.05.29 / Top↑
これはかなり難問なので、たぶんほとんどの方は分からないと思いますが。

SBSH0147b.jpg

ぬいぐるみ置き場。
1個だけ違うのはど~れだ?

いやぁ、難しいなぁ。

ちなみに綿が出てるのはスズちゃんの仕業です。

2012.05.26 / Top↑
不安定なお天気も多い今日この頃。
もう6月も間近だし、暑くなってきたので布団カバーを変えました。

Image422.jpg

涼しげな青のチェック。

‥‥ん?
はみ出してる茶色いのはなんだ?

Image421.jpg
「えへへー、わたしだよ」

スズちゃんも気に入ったようです。
 
2012.05.25 / Top↑
りん様はパソコンの前がお好きです。

101230_132158.jpg

あぁかわいい。

けど。
わりと、かなり、おじゃま。
作業できないし‥‥。

あんまり同じポーズのままいるので、時間を持て余してこんなイタズラをしてみました。

101230_135228.jpg

マトリョーシカねこ!

びみょ~なポーズの違いがポイントです(?)

101230_135223.jpg

「飼い主って、ヒマなのね」

あんたのせーでしょ!
 
2012.05.24 / Top↑
先日募集させていただいた個人ボランティアMさんへの給餌用フード。
短期間でたーっくさんのご支援を頂戴しました。心よりお礼申し上げます。

某日、受け取りと仕分けを手伝いにM家へお邪魔してきました。
ヤマト運輸さんを待つ間、M家にいる猫ちゃんたちをパチリ。といっても人馴れしていない子が多く、レンジフードの上、ベッドの下と、なんだか「ウォーリーを探せ」に近い感じで猫探しです。
120521_175049.jpg 120521_174945.jpg

レンジフードの上にいるのは福島猫ではなく、Mさんが虐待から保護した地元の子。爆竹で脅かされた経験から人間への恐怖が消えず、私がいる間、身動きひとつせず固まっていました。
理想を言えば、こういう個別のケアを必要とする子こそ、一般家庭の里親さんに引き取られて充分な愛情を受けて欲しい。
でも現実にはむしろ逆です。人懐こく手間のかからない子、若い子、見た目のいい子は比較的貰い手が見つかるけど、人馴れが不十分な子、病気で手間のかかる子ほど、シェルターやボランティアさんの手元に残ってしまう。M家にいるのはそんな猫ちゃんばかりです。
Mさんは自宅でこの子達の世話を続けながら、毎週末、福島へ行っています。

ケンさん、ヤマト運輸の人なかなか来ないね~。
SBSH0175.jpg
「あそぶ? じゃ、遊ぶ?」
いやまぁ、それはそれで良いですけど(いいんかい)

\ピンポーン/

あ、きたきた!

120521_165718.jpg

ずどどぉ~ん! す、すごい!
みなさま本当にありがとうございます!


届いたフードは500kg超。
ヤマト運輸のお兄さん、正直ちょっと困り顔でした(笑)

ていうかコレ、家に入りきらないよね‥‥
いやしかし。
使ったことのある方はご存知と思いますけど
ほら、Amazonさんてちょっと、地球に優しくないといいますか、過剰な包装をしてありません?

120521_170624[1]

こういうのとか。
そんなわけで、1時間ほどかけてギュギューっとした梱包に箱詰めしなおしましたところ

583824467.jpg

なんとか収まりました!

Mさんは大感謝されてました。そして、とっても驚いてました。
「圏内の子を気にかけて支援してくれる人が、こんなにいるんだね」と。
現地へ行っている方は、実はとても孤独な活動をされていると思います。世間ではこの問題を知らない人、過去の話だと思っている人のほうが圧倒的に多数。後方支援してくれる方と直接触れ合う機会もほとんどありません。
何より、忙しすぎる中、日々の活動を続けていくだけで精一杯。

でもこの活動を応援している人は、まだまだ沢山いらっしゃるんですよね。
今回、物資と一緒にメッセージを下さった方も、ありがとうございます。
120522_005951.jpg
フードと合わせ、すべてMさんにお届けしました。

頂戴したご飯は今週末、Mさんが現地で確実に給餌してくださいます!
また募集をかけさせて頂く際は、引き続きのご支援をお願いできれば幸いです。


【おまけ】

120521_161003.jpg
「くれー! 俺にもくれー!」
ケンじいさんは、糖コントロールのごはんしか食べれないでしょ~。
2012.05.23 / Top↑