もうなんのブログだかわからない

飯舘村のレオくん。

去勢手術を終え、本日、無事に新居へ移動しました!

130419_152215.jpg

さっそく、里親様にお散歩へ連れて行ってもらい
しっぽフリフリで歩いたあと、お得意のハグを披露。

レオ君は意外と気が小さくて、知らない環境に緊張気味でしたが
ぎゅっと抱きしめてもらうとすごく安心するみたい。
こんな甘えん坊が、人のいない場所でずっと暮らしてきたかと思うと
改めてその傷の深さを思わずにいられません。


レオ、元気でね。
今まで寂しかった分まで幸せになるんだよ。

 
2013.04.19 / Top↑
みけきちが我が家へきて2ヶ月。
2度目の定期健診のため動物病院へ行ってきました。

今回はいつもの血液検査に加え
ふらついてしまう足の謎を突き止めるため、レントゲンも撮影。

130414_183404.jpg

しかし、骨に異常は見つからず、触診しても筋や筋肉に問題なし。
食欲はあるのに、前回1ヶ月で0.4kgも増えた体重が今回は0.1kgしか増えていない。

貧血が改善して「良いですね!」と獣医さんが励ましてくださっても
私は今までのように前向きになれないまま、病院を後にしました。
帰宅して、みけきちをケージから出す気持ちにも、なんとなくなれなかった。

130416_172850.jpg

翌日から、容態が悪化。

左目は腫れて開かず、ベッドはオシッコでしっとり。
そして何より、食欲が、ない。

幸い目の腫れは薬ですぐに改善しましたが、他の症状は進んでいます。

結石かと思うほど頻繁にトイレへ行くのに、トイレではオシッコが出ず、ベッドでおもらし。
過剰なほどストレス敏感になり、今まで以上のビビリ猫ぶり。
なでなでや投薬の刺激ですぐにオモラシをしてしまう。
急激に食欲が低下して、水も以前ほど飲まない。

130418_191229.jpg

みけきちを引き取ったときから、いつか来ると分かっていた日。
こんな日の来る子だから、我が家に迎えようと思った。

でも、やっぱり、つらいね。

 
2013.04.18 / Top↑
レオ

飯舘村の9ワンの中で、一番大きな子。

この度、里親様が決まり、神奈川へやって来ることになりました!

BH1dzXFCQAAa-R-.jpg

この顔(笑)

今回もおーあみさんが連れてきてくれましたよ。

レオはあまりに人間が好きすぎて、ボランティアさんが訪問すると抱きつき
はしゃぎ回って、周囲の食器やお水もなぎ倒してしまうほど。

表情豊かで、人間が大好きで、やんちゃ。
でも、搬送の間はとても大人しくて良い子だったみたいです。

758240527.jpg

一夜明けて、大網邸へお邪魔し
ワンニャンのお世話を手伝いつつ、レオと再会。

レオは知らない人に会っても、知らない犬に会っても、吼えたりせず落ち着いた様子でした。
あの手に負えないほどのはしゃぎ方は、計り知れない孤独から来ていたのだと痛感。

BH3N3wzCEAAEsyj.jpg

シャンプーの前にブラッシング。
やっぱり大きいな~! 体重は28kgでした。

散歩の途中、人の姿を見ると足を止め、じっと見つめるレオ。
その表情はとても安心しているように思えました。

2年間、よく頑張ったね。もう寂しくないよ。
 
2013.04.15 / Top↑
春とはいえ、少し寒さがぶり返して
まだまだ日向のありがたい、少し肌寒い季節。

130412_124439.jpg

このところ留守が多くて悪いけど、猫らはマイペースにやっております。

そして、FIP猫みけきちは、ケージを出てお部屋を歩けるようにしました。

ものの本を読むと、近年は「猫から猫へ感染しない」という見方が主流のこの病気。
とはいえ、万一にでも発祥すれば死ぬ病気ですから
他の猫たちと一緒にすることについては、かなり悩みました。

130409_235735.jpg

でも、他の子たちともトラブルなく過ごしているし
今の所ケージに戻すつもりはありません。

自由に歩けるようにしていても、みけきちは押入れにこもりきり。
それでもケージよりは押入れの方が良いみたいです。
意外と几帳面な性格らしく(?)ごはん、お水、トイレは
わざわざ自分のケージに戻って用を足しています。

130413_000942.jpg

押入れでくつろいでいる時、入って撫でてやると
最近はもう10分でも20分でも、ずーっとゴロゴロいってます。
本当は思い切り甘えたいんだろうなぁ。

あ、そうそう。
フリーにして初めて分かったのですが
みけきちは後ろ足がちょっと不自由みたいです。
力が入らないようで、歩けるけど、すぐにずっこけてしまう。
あまりお部屋を探検しないのは、そのせいもあるかも知れません。
保護してからずっとケージ生活の子だったので、今まで気づかなかった。

FIPによる神経的な症状で、足に麻痺が出ることもあります。
みけきちの場合、他はいたって元気なので違うとは思うけど‥‥。

もうすぐ1ヶ月の再診。今度こそ良い結果を願っています。
 
2013.04.13 / Top↑
クロッピーに続き、先日、コロも里親様へお届けした飯舘村の5ワンズ

な、なんと、ここ数日で、大型犬のレオ!
私の心をつかんで離さないマックも、里親様が決まりました!

うわーん(T_T)

この子たちの里親様募集を始めたとき
まあ、決まっても2匹か、せいぜい3匹だよなぁ‥‥
レオはでかいし、チビは臆病だし、正直、難しいよな‥‥
と弱気な私がいました。

しかし、そこは大網リーダーの底力。
ほんと、ありがとうございます。

======================================================

里親募集、最後の1頭はこの子です。

◆ちび
3歳、メス。中型犬。

オスと聞いていましたが実は女の子だそうです(^^;


臆病で人見知り。
いつも小屋の奥から動かず、じっとこちらの様子を伺います。

20130228-_2KU7113.jpg

飼い主さんによれば年齢は2歳ちょっと。

この子にとって、生まれてから今まで過ごした時間の大半は
震災によって人のいなくなった町での暮らしでした。

人に接する機会も少なく、なれていないのは当然といえば当然なのです。

SBSH1852_20130110114015.jpg

といって、決して吼えたり鳴いたりはせず、攻撃的な面はありません。
静かに話しかけながら撫でると、どうして良いか分からない、といった表情。

時間をかけて、この子の心を開いてくださる里親様いらっしゃいませんか?

愛情と責任をもって終生飼育してくださる方。ぜひ、ご連絡ください!
お問い合わせは、ささきち(animal_demo@excite.co.jp)までお願い致します。


【追記】
マックの里親さんを予定していた方が別の保護権を引き取ることになりました。
そのため、マックも引き続き里親様を募集いたします!
 
2013.04.10 / Top↑