もうなんのブログだかわからない

保護から一ヶ月たっても人を警戒し、耳を寝かせて唸り声を上げ
そのまま不治の病を発病してしまったみけきち。

この子を保護したのは良いことだったのか?何度も自問自答した。
少しは幸せな時間を過ごしてもらえるのか?自信なんて無い。

でも、うちへ来て半月、一ヶ月・・・・
徐々に撫でられるようになって
撫でるとゴロゴロ言うようになって
ゴロゴロの音が大きくなっていった。

でも、それと同時に
おしっこを失敗するようになり
食欲が急激に落ち始め
まともに立てなくなっていった。

少し寒かった日の夜
投薬を終えて、いつものように撫で撫でタイムをした。
初めてヘソ天なんてしちゃって、ずいぶん上機嫌。

そのうち、不自由な足で、這い蹲るようにして移動を始める。
どこか痛いのか? もう撫でられたくないのか?
でも、ずっとゴロゴロ言っている。

130425_213841.jpg

みけきちは、うんせ、うんせと、私に寄ってきて
足元まで来ると、安心したように「撫でてのポーズ」をした。

こんな日が来るなんて、夢にも思わなかったよ。

生まれてくれてありがとう。
うちに来てくれてありがとう。

130425_215029.jpg

同じ病気で、発症から一ヶ月か半月もせず亡くなってしまう子は多い。
どんなに懸命な看病を受けても、逝ってしまういのち。

みけきちは発症からもう3ヶ月近くになる。
生きてくれたから、時間をかけてここまで来れたよ。
本当にありがとう。

これからまだまだ、よろしくね。
 
スポンサーサイト
2013.04.28 / Top↑
4月も終わろうとする中、気まぐれな寒波でまたも積雪となった福島。
それでも懸命に生きている子たちがいます。

P1000203.jpg

P1000208.jpg

黒白の長毛さん。
前回の活動でMさんが保護してきました。

なかなかの美猫ですね。里親さんが決まりますように。

原発20km圏内が法的な立ち入り制限のある「警戒区域」に指定されて
先日、4月22日で2年が経ちました。
立ち入りが解除される地域も徐々に出てきてはいますが
残された動物たち、新たに生まれてくる動物たちの苦境は変わっていません。
引き続きご支援をお願いできればと思います。

福島県の原発避難区域で給餌するフードをご支援ください
◆原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物
送付先に「猫ごはん配達ボランティア」を選択し、フードをご注文ください。
郵便番号が間違っていると表示される場合がありますが問題ございません。

ここ数ヶ月、なかなかフードが集まらず苦心しています。
少しでもご協力くだされば幸いです。どうか宜しくお願い致します。

【追記】2013/04/26 23:36
必要量に達しましたので、今回の募集を終了とさせて頂きます。
わずか1日で1tを超えるフードが集まりました!
みなさまのご支援に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 
2013.04.25 / Top↑
私の腕と心をつかんで離さなかった、一頭の犬。

昨夜、カメラマンの上村さんが飯舘村から連れてきてくれました。

130424_095521.jpg

マック。

ごはんを一気食いしてます(笑)

以前お知らせしたように、いったん里親様が決まったのですが
諸事情あって、里親様は別のワンコを引き取ってくださることになりました。

というわけで里親様募集中です!

しばらく設備の整った動物病院で預かって頂き、里親様探しに励む予定です。

130424_095829.jpg


今まで苦労したね。

まだ、本当のおうちじゃないけど
これからは人のいる場所で、毎日ごはんが出て、お散歩だってあるからね。
本当のおうちが見つかる日まで、もう少し一緒にがんばろう!

病院への宿泊費などは、大網さんがリーダーを勤める
「福島原発20キロ圏内 犬・猫救出プロジェクト」から捻出されます。
↑リンク先↑より、ご支援頂けると助かります。応援よろしくお願い致します!
 
2013.04.24 / Top↑
日々、足の麻痺が進んでいくみけきち。

そのせいなのか、オシッコも無意識におもらしで出てしまうらしく
最近ではもうトイレに行こうともしません。

寝床に敷いているペットシーツは半日でこの通り。

130423_153134.jpg

転々とオシッコ。

この上で寝ていると、当然ながら体もおしっこ臭くなります。
体を拭いてあげたりするけど、やっぱりかわいそうですね。

さらに最近はケージの段から転倒することが増えました。
わざわざ上に行くことないじゃんと思うのだけど、本猫はどうしても上が落ち着くらしく
力いっぱいよじ登って小型三段ケージの三段目まで行き来します。

でも、転落して何かあったら心配だし‥‥と思い
この度、ケージをリニューアルしました!

130422_140353.jpg

ででーんっ

おーあみ避難所から借りてきた大型犬用の特大ケージ。
もう少し小ぶりでも良いかなーと思いつつ、私が中に入ってお世話をする都合もあり
一番大きなケージをチョイスしました。

組み立てから1時間ほどかけて、この中にいろいろと準備万端。

130422_144944.jpg

向かって左手から

もう使わないかもしれないけど、猫トイレ。
段差を上るためのお手製スロープ。
こちらもお手製の2段ベッド。
手前には爪とぎが置いてあります。

スズちゃんも「良さそうなおうち」と見学に来ましたよ。
でも、入らないでね~!

130422_180248.jpg

新居でくつろぐ、みけきち。

ペットシーツだけのほうが衛生的かも知れないけど
ふかふかした場所で寝てほしくて、みけきち用の布をいくつか用意。
他の子には触らせないよう気をつけながら朝晩お洗濯して取り替えます。

苦労して2段にしたのに、本猫は下段で寝ているばかりですが‥‥
落ち着いているようで何よりです。
 
2013.04.23 / Top↑
猫伝染性腹膜炎(FIP)とたたかう日常。

それでも、しあわせ。



いい子だね。

ほんと、かわいいなー。

 
2013.04.20 / Top↑