もうなんのブログだかわからない


Mさんが福島で同じ日に保護し

めでたく同じお宅へ里子に行った、とうふゴマとうふこと

かれん&かりんちゃん。


里親さまから、元気な近況報告がありました!

1424865404073.jpg


お留守番ケージのハンモックが気に入り

マッタリくつろぐ、元ごまとうふちゃんこと、かりんちゃん。


一方、冷奴のコスプレ(?)がキュートだった

とうふちゃんこと、かれんちゃんは‥‥

1424864618908.jpg

おだいりさ~まと♪


1424864642093.jpg

おひなさま~♪

の、これまたキュートすぎるコスプレ!

とても大切に可愛がられて幸せな2にゃんです。


こうした命を繋ぎ、1匹でも幸せにするため

皆様のご協力をお願い致しますm(_ _)m


 
スポンサーサイト
2015.02.28 / Top↑
【追記】2015/03/03
今回の募集を締め切らせて頂きました。
多大なご支援を下さり、本当にありがとうございます!



個人ボランティアのMさんは、今も被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

★Amazonの欲しい物リストから送る
◆「原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物」リスト

※リストから、送り先に「猫ごはん配達ボランティア」を選択してご注文ください。
※郵便番号が間違っていると連絡が来る場合があるようです。実際には正しい番号を登録しており、配送にも影響ございませんのでご安心ください。

★安いお店からヤマト運輸の営業所止めで送る
以下の店舗から、ヤマト運輸の営業所止めでお送り頂くようお願い致します。
◆アンディマーブル 楽天市場店「キャネットチップ」
◆アンディマーブル 楽天市場店「ミオ おいしくって毛玉対応」
<送り先>
〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-16-13
「ヤマト運輸 上野毛センター止め 猫ごはんボランティア」宛
イタズラ防止のため電話番号は非公開とさせて頂いております。入力必須の場合は恐れ入りますがお送りくださる方の番号をご記入くださいませ。

-----------------------------------------------------------------


先日、花に囲まれて荼毘に付された、おうちゃん。

20150221_204234.jpg


おうちゃんの保護された場所では

今もがんばって生きている猫たちがいます。


20150215_114838.jpg


昨年末、この場所で保護されたのが「羊子」ちゃん。

避妊手術が終わっており、元は飼い猫だったと思われます。

また飼い主さんに会える日が来るといいけれど‥‥。


yoko.jpg

yoko02.jpg


人がいなくなって4年近く経っても

羊子ちゃんは人を好きなままでいてくれました。


一方、2月始めに大熊町で保護されたのは「みかん」ちゃん。

mikan.jpg

震災後生まれの女の子。

生後4か月くらいだそうです。


ku-.jpg

こちらは年末に双葉町で保護された子。

始めは怯えて攻撃的だったけど

Mさん宅で生活する内に、だんだん人にも慣れてきましたよ。


里親様、募集中です!

 
2015.02.25 / Top↑

我が家のふわふわ男子、ベルちゃん。


福島で保護されて3年。

うちの三毛にいじめられたこともあったけど

今は女子に囲まれてハーレムの日々です。


DSC_1118.jpg


人も猫も怖くてたまらないナナちゃんも

ベルさんとは時おり猫団子してるくらい

なかなかのモテっぷり。

まさにリア充・・・・いや、リア獣!??


DSC_1082.jpg


そんなベルちゃん

このところ、体調が思わしくない様子。


半月ほど前から普段のカリカリを食べなくなり

まあ、たまに好き嫌い病になるからそれかな?と美味しいカリカリに変え

ところが1週間ほど前からカリカリに見向きもしなくなり

病院行かなきゃと思いつつ忙しかったため

缶詰やおやつを食べさせて誤魔化してました。

が、2日前から缶詰もろくに食べない有様(T_T)


こらアカン!

慌てて病院へ連れていきました。


DSC_1112.jpg


すると

な、な、なんと体重3.2kg!


えーーーーーーーーー!!???

体格から言ったら5kgくらいが適性のベルちゃん

いつの間にか激やせしてました(T_T)

ごめんよ、ごめんよー。


1422778152160.jpg


ひとまず点滴してもらって

今日は少しカリカリも食べていたベルちゃん。

また元気になってモテモテの座を維持してね!

 
2015.02.22 / Top↑

東京から福島の原発近隣へ通い

給餌で命を繋ぎながら、保護活動を行っているMさん。

先日亡くなったおうちゃんを始め

自宅ではたくさんの保護っ子をお世話しています。


今日は里親さま募集中の保護っ子たちをご紹介!


1422001816690.jpg


はなちゃんは麗しきサビ猫様。


人間とは仲良くしてあげるわよ。

っていうか仲良くしなさいよ、撫でなさいよ。


猫は好きじゃないの。

っていうか猫はこの世に私だけで十分じゃないかしら?



1422001806951.jpg


優くんは1歳にもならない子ども猫。


震災後に人のいない町で生まれたけど、人間大好き!

遊んでくれるまであとをついて歩くよ。

いつかコッソリ尾行したいけど、ゴロゴロ言ってばれちゃうんだ~。



1422001821079.jpg


きれいなハチワレの富士子ちゃん。

そろそろ1歳くらいだけど、とっても小柄で子猫みたいです。

遊ぶしコローンも出来るし表情多彩!



1422001828418.jpg


とっても美ニャンなサビ猫、羊子ちゃん。

まだちょっとシャイだけど少しづつ人間を好きになろうね。



1422001801249.jpg


こちらはもう、人にも環境にも慣れ過ぎてグダグダなゴルゴ・キジキジ。

後輩が増えて気苦労も絶えないとか??


みんな新しい家族を待ちかねています!

まずはanimal_demo@excite.co.jp までお問い合わせ下さいませ(^o^)

 
2015.02.15 / Top↑
Mさん宅の保護猫、おうちゃん。

かなり前に「助かった」ねこという記事でご紹介しました。


SBSH0174.jpg


震災から10ヶ月ほどして保護された男の子。

保護時から重度の横隔膜ヘルニアを患っており、治療も難しかったため

保護された=すべて解決してハッピー!とはいかず

まだまだ生きるために戦い続けなくてはならない子でした。


そんな思いを込めて

カッコ付き「助かった」ねこ、というタイトルにした記憶があります。


B9pGn8CCAAAc0hY.jpg


保護から3年。

昨日、息を引き取ったと連絡がありました。


体調はずっとアップダウンを繰り返していて

Mさんから、もうダメかも、という言葉を聞いたのも一度や二度じゃなかった。

それでも懸命な看護と本ニャンのがんばりで生き続けた子でした。

最後はMさんが看取ってくれたそうです。


おそらく6歳くらいの短い生涯。

そのうち、1年は震災後の町を自力で生き抜き

3年は保護宅で病気を抱えながらの生活でした。


NEC_1229.jpg


このかわいい寝顔をもっともっと見たかったよ。

がんばったね、おうちゃん。

さようなら。

 
2015.02.13 / Top↑