もうなんのブログだかわからない

ベルふわふわ君

うちの子になってちょうど丸3年

2015年4月18日 午前3時頃に永眠しました。


長毛男子らしく、わりと体格のいい子だったけど

最後はガリガリに痩せ細るまでがんばりましたよ。


DSC_1399.jpg


完全に飲まず食わずになったこの10日間

いつ最期を迎えてもおかしくないと思いながら

仕事から帰って死んでいたらどうしよう

朝起きて死んでいたらどうしよう

という不安が頭をもたげ

帰宅するたび、目覚めるたび

ライチと仲良く寝ている姿を見て、心からホッとしたものです。


そして、飲まず食わずになってから2度目の週末。

どうしても抜けられない用事を終えて、帰宅したのは21時頃でした。

ベルちゃんはお気に入りの母特製ダンボールハウスで寝ていました。

ここ最近始まった大量のヨダレと鼻水で汚れた顔を拭き

少しテレビなど見て、さあお風呂に入って寝るかなと準備を始め

ついでにベルちゃんの顔を覗いて撫でていたら

突如、激しい痙攣が始まりました。


「あぁ、ついに来たか」

全身を打ち付けるような激しい痙攣。

瞳孔は開ききって、瞼を閉じられないほど見開かれた瞳。

体を支えてやり

がんばらなくていいよ、ありがとう、大好きだよ

そんな言葉を何度も何度もかけながら

平穏が訪れるのを待ちました。


しかし

神様はなんていじわるなんでしょう。

5分ほどで治まった激しい痙攣は

僅かなインターバルを置いて、何度も何度もベルちゃんを襲いました。


4度目か、5度目かの激しい痙攣が始まり

もうたくさんだ、お願いだから楽にしてくれと願っても

今度は10分しても、20分しても、30分しても痙攣が治まらない。

せめて苦しむほど意識が残っていなければ良いと思うのに

時々ふいに、私の動きに合わせて一瞬視線が動き

まだ意識があることを

つまりこの子が苦しんでいることを実感するしかなく

いっそ、この手で楽にしてやりたいと思うほどでした。


1時間以上が過ぎ

日付も変わった頃、永遠と思えた長い痙攣が治まりました。

痙攣の終る時が命の終る時だと思っていたのだけど

ベルちゃはピクリと動くこともできないまま

荒い呼吸をして、まだ確かに生きていました。

ダンボールハウスの前に私の蒲団を敷き

長くなりそうな最後の夜を一緒に過ごします。


深夜2時半過ぎ。

また痙攣が襲いました。

幸い今度は5分ほどで治まり

ベルちゃんは目を見開いたまま荒い息をしています。


3時頃、私は気づくと寝てしまっていて

ふとベルちゃんを見ると、痙攣もおこさず静かにしていました。

でも、静かすぎて、あんなに荒かった呼吸の音もしない。

あれ?と思い体に触れてみると、もう呼吸はありませんでした。


1429319738055.jpg

ついに逝ってしまったなあと思いながら、ものすごい睡魔に襲われて眠りにつき

目覚めると母が「シロちゃん(ベルちゃん)生きてるよ」と言います。

え? 昨日のは勘違いだったのかな。確かにすぐ寝てしまったから。

と思っている夢を見ました。


本当に目覚めると、やはりベルちゃんは死んでいて

その表情は

カイヌシを起こさないほど穏やか最後だったことを物語っていました。


1429319748026.jpg

カイヌシが夜更かしできる金曜の夜まで待ってくれて

最後まで本当にいい子だったね。

今頃、先に逝ったみけきちと仲良くしているかな。


130518_124124.jpg

3年間、一緒に暮らせてよかったよ。

ベルちゃん大好き。

ありがとう。

 
スポンサーサイト
2015.04.18 / Top↑
【追記】2015/04/20
今回分の募集を終了いたしました。
いつも温かいご支援ありがとうございますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------

個人ボランティアのMさんは、今も被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

★Amazonの欲しい物リストから送る
◆「原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物」リスト
※リストから、送り先に「猫ごはん配達ボランティア」を選択してご注文ください。
※郵便番号が間違っていると連絡が来る場合があるようです。実際には正しい番号を登録しており、配送にも影響ございませんのでご安心ください。

★安いお店からヤマト運輸の営業所止めで送る
以下の店舗から、ヤマト運輸の営業所止めでお送り頂くようお願い致します。
◆アンディマーブル 楽天市場店「キャネットチップ」
◆アンディマーブル 楽天市場店「ミオ おいしくって毛玉対応」
<送り先>
〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-16-13
「ヤマト運輸 上野毛センター止め 猫ごはんボランティア」宛
イタズラ防止のため電話番号は非公開とさせて頂いております。
入力必須の場合は、恐れ入りますがお送りくださる方の番号をご記入くださいませ。

-----------------------------------------------------------------


3月も福島から続々と被災猫を保護したMさん。

保護された子の中には

長く人間のいない生活をしてきたため、怯えている子もいます。

震災後生まれのマコちゃんも人見知りでした。


マコ_ã‚-ッãƒ-ン


でも、預かりボランティアよーこさん宅で家猫修業を経て

こんな表情を見せてくれるようになりましたよ。


1429182534890.jpg

Mさん別宅こと被災猫シェルターにいる子たち

細々とですが里親さんの募集サイトに掲載したり

里親会に参加したりして、地道に里親さまを探しています。


お陰様でトライアルが決まる子もぼちぼち。

大ちゃんにもお問い合わせを頂いています。


14291824791390.jpg
「ご縁をつかむにゃー!」


人のいない町で生きる子にフードを運び

保護して、新しい家族を見つけ、幸せにする。

長い道のりですが、1匹1匹を大切に活動していきたいと思います。

今後もご支援のほどお願い致します。


2015.04.16 / Top↑
思えば病気がちな子ではある。

保護された時点ですでに猫エイズのキャリアで

恐らく口内炎もその頃からの物。


食欲旺盛でガツガツ食べるというイメージはなく

シェルターでも我が家でも、必要以上に欲しがることは無かった。

そのくせ人間の食べ物には目がないから、泥棒行為を防止するのに苦労した。


体格の割に痩せていたから、がんばって少し多めに食べさせ、ベスト体重は5kg。

誇らしい気持ちで当時かかりつけだった動物病院へワクチンに行ったら

「あら~太っちゃいましたぁ?」と新人看護師に言われてカチーン!ときたのもいい思い出。

てか、体重は増えたけど太ってはないだろ、体格を見て物を言わんかい。


元々食欲にムラのある子ではあったけど

しばらくして普段のごはんをハンストするようになり

1年くらいに渡って口内炎とのし烈な戦いが続いた。

サプリも塗り薬も抗生物質もステロイドも、効果は一時的で

食べてくれるものは、美味しいカリカリ→缶詰→お刺身→チュールと

どんどん高価で栄養価の低い物だけになって行った。


結局、一大決心してすべての歯を抜歯。

術後1カ月ほどで見違えるように食べる猫になった。


口内炎を治療する中で腎不全も患っていることが分かったから

本当は腎臓サポートの療法食を食べてほしかったけど

アレを食べてくれる子はむしろレアというか‥‥。

大体の子は、あんま好きじゃないよね。


獣医さんからタンパク質がよくないと聞き

市販のドライフードの中から比較的タンパク質の数値が低いものをチョイス。

それも波があって、食べる時もあれば「銀のスプーンしか食べません!」な時もあった。


体のためとは言え、毎日毎日、口に合わないものばかり食べるのって

人間でも辛いくて忍耐力のいること。

猫には「体のため」さえ分からないんだから、食べないのは無理もない話だった、


それでも、口内炎が治まってからは、さほどトラブルもなく来ていたのだけど

2月中ごろから一気に体調悪化。

とにかく食欲がない。普段のごはんなんて1粒も食べない。

「何も食べないのが腎臓にも体全体にも一番の負担。

食べてくれるものがあるなら、何でも、少しでもいいから食べさせて」

と獣医さんに言われ

またも、美味しいカリカリ→缶詰→お刺身→ちゅーるだけ、の道を歩んだ。


そして今、ベルちゃんはもう、何も食べたくないと言っている。

みけきちには強制給餌してたけど、それはみけきちがさほど嫌がらず

食べたものを吐き出すことも無かったから。

食べられないけど、本心ではまだ食べたいんだと感じた。


でも、ベルちゃんに強制給餌するつもりはない。

ボランティア経験の中で

病気の猫や亡くなっていく猫を普通より多く見ていると思うけど

こんなに吐き気がひどい子は初めてだ。

よく効くと言われた吐き気止めの注射を毎日打っても

吐き気で頻繁に口をくちゃくちゃさせ

もう、お水を飲むのさえ気持ち悪そう。


こんな状態で強制給餌しても

吐いてしまって、ただ疲れて嫌な思いをするだけなのは目に見えている。


CCGnN9cUgAAw8jr.jpg


「入院はお勧めしません。もう、一日一日が大切な時間ですから」

獣医さんに言われた。

残念だけど、本当にそうだなぁ、と思っている。

この時間を大切にしよう。


 
2015.04.09 / Top↑
以前ご紹介したMさん保護の福島猫、中ちゃん&大ちゃん。


中ちゃんは無事にトライアル決定したのですが

大ちゃん、応募があったもののキャンセルになってしまいました。


1428338089299.jpg

こーんなに、かわゆい男の子ですよ!


人間大好き、モフモフ大好き

抱っこされるのも大好き!


1428338030380.jpg


体格は立派だけど心は子猫‥‥甘えたいお年頃だぜ。

人間が大好きすぎて他の猫にやきもち焼いちゃうぜ。

だから、僕だけを飼ってほしいぜ。


1428338116596.jpg


推定4~5歳。

去勢手術済み。

猫エイズ、猫白血病ともマイナスの健康優良児。

大ちゃんを家族に迎えたい方!

animal_demo@excite.co.jpまでお問い合わせください(^o^)v

 
2015.04.08 / Top↑