もうなんのブログだかわからない

麦ちゃん、我が家に来て1週間たちました。


最初の数日は

とにかく人の気配を感じたらビャービャー鳴き通し

ごはんくれー! なでてー! ここどこー!

という状態でしたが、4日程で急激に落ち着きました。

DSC_1482.jpg


保護されたときの体重はわずか2.06kg

今まで何匹か自宅の猫を看取ったり、亡くなっていく猫を見ていて

成猫が2kgを切ったら助かるのはかなり難しい赤信号ですから

よくぞ生きて友人宅に上がり込んだものです。

偉いぞ、麦ちゃん!


DSC_1475.jpg


飢餓状態でとてつもない食欲なのに

人間がお魚を食べていても、机に上がって泥棒はせず

こちらを見つめて「ちょーだい」アピール。

生粋野良じゃなく、飼われていたんじゃないかなぁ‥‥。


DSC_1477.jpg


人間大好きスリスリで

先住猫たちとも、意外なほどトラブルを起こさず馴染んだ麦ちゃん。

6月になったら里親さんを募集しようかなー?

 
スポンサーサイト
2015.05.24 / Top↑
ベルちゃんが亡くなり、猫6匹から5匹になった我が家。

その分、新入りさんを入れるべきかな?と思ったり。

一応は動物愛護なわたくしですし。


そこで気になっていたのが

時々お手伝いしている愛護団体ドリームロードさんアデルくんです。

DSC_1429.jpg


ご覧のとおり、ベルちゃんそっくり!

目の色以外は本当に瓜二つのアデルくん。

性格はとってもスリスリの甘えんぼさんですよ。


DSC_1458.jpg

といったわけで、5月16日の朝。

我が家のトイレは新猫お迎えの準備万端。


さあ、やって来ました新猫ちゃん!!

DSC_1461.jpg

って誰やねーん!


アデル君をもらおうかと悩んでいたある日

友人宅に迷い込んできた「麦」ちゃん。

「ガリガリに痩せた子猫で、すごく人にも慣れてるけど、うちでは飼えないし…」

との話を聞き

うん、これはご縁だな!と瞬時に心を決めたのです。


確かに小柄な麦ちゃん。

いわゆる「子猫」ではないけど、未成年猫と言いますか

まあ生後半年くらい?な感じかなーなんて思いながら

まずは諸々の検査と予防のため動物病院へ。


DSC_1464.jpg


とにかく、痩せてる。上から見るとこのガリガリぶり。

撫でると背骨も脇骨もはっきり分かるほどです。


痩せてるお蔭で小柄に見えるけど

歯の状態からすると2~3歳くらいでしょうと獣医さん。

子猫じゃないんかーい!(笑)


でも、麦ちゃんのように痩せすぎて年齢不詳な子って

保護猫の中では時々いるんだよね。

まったく、かわいちょーな話です。


DSC_1462.jpg


エイズも白血病も陰性。寄生虫なし。食欲旺盛。

まだ下痢気味ですが、食事が落ち着いてくれば自然と治るかな。

性格はとにかく人間大好きな甘えんぼで、とても生粋野良には見えず

捨てられたのかなー?と思ったりします。


少し丸くなって元気が出たら、里親さんを探そうね。

かわいい「麦」ちゃん、よろしくお願いします。

 
2015.05.17 / Top↑
【追記】2015/05/14

ジハくん、なな、なんと!

昨夜自分で里親さん宅へ戻ってきました(^▽^)

本当に良かったです。

捜索&拡散にご協力くださった皆様、ありがとうございました!!

----------------------------------------------------------


里子に行った被災猫が脱走し、行方不明になっています。

昨年、Mさんと福猫舎の犬班A。さんが福島県の双葉町で保護した子です。


1431343845473.jpg

●名前 : ジハ君
●脱走場所 : 東京都国分寺市内藤一丁目
●柄、性別 : キジトラ、オス
●特徴 : 水色の首輪、尻尾がぶわっと太い

人見知りなので、目撃されたら捕まえようとせず、ご連絡をお願いします。
連絡先:migu.apple@gmail.com


里親様は脱走対策をしてくださっていましたが

ストッパーのしてある網戸を戸ごと外して脱走してしまいました。

里親様、Mさん、有志メンバーで捜索活動を行っています。

情報お持ちの方、ぜひご連絡くださいませ。

 
2015.05.11 / Top↑
毎月ご支援をお願いしている

個人ボランティアMさんの給餌用フード。

今回もたくさんのご支援を頂きました。


20150429_213536.jpg


ご報告遅れましたが、今回分も確かに受け取り完了しております。


併せてカルカウンのパウチをご支援くださった方も。

ありがとうございます!


20150429_213823.jpg

Mさんはこの連休も福島で活動しています。

福島で生き続けている子たちに皆様からのご支援を届け

1匹でも保護して幸せにして行きたいと思います。


今後とも、息の長いご支援、どうぞよろしくお願い致します。

 
2015.05.02 / Top↑