もうなんのブログだかわからない

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
【2016/12/05】追記
今回の募集を締め切らせて頂きました。
いつもご支援ありがとうございます!


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------


このバリケードの向こう側は原発事故の後、立ち入りが禁止され、人の住めない町となりました。

1.jpg

2_20161202171603502.jpg


ここは住民の「一時帰宅」すら満足に許されない土地。

この先何十年後も人が戻ることはあり得ないだろう町だからこそ
そこに残されて生きている猫がいる以上
私は何とか1匹でも連れ出したい、そう思っています。


個人での小さな保護活動なので、できることも本当に小さくて…

給餌フードのご協力なしでは、到底叶うことのなかったこの活動です。


保護時、こんな姿だったこも

3_201612021716045ef.jpg

見違えるようにふくふくとなり、里親さんのもとで幸せに暮らしています。

4.jpg


この町で保護した「ぱんこ」ちゃんも、先日素敵な家族ができて幸せをつかむことができました。

IMG_20161121_173954.jpg


だからこそ、もうひとふんばり頑張りたいと思います。


保護するためには毎週の給餌は欠かすことができません。

どうか福島の猫へのフードのご支援をお願いいたします。


(個人ボランティアM)

スポンサーサイト
2016.12.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。