もうなんのブログだかわからない

【追記】2017/01/17
今回の募集を締め切りました。
いつもご支援ありがとうございます。本年もよろしくお願い致します。


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆まんぷくドライお魚 ミックス味・野菜入 8kg
◆まんぷくドライお魚 ミックス味 8kg
◆ まんぷくドライかつお チキン味・野菜入 8kg


<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------


ご挨拶が遅くなりましたが、ようやく2017年最初の更新です。

旧年中は皆様から多大なるご支援を頂き、誠にありがとうございました。

1484224270841.jpg


また新しい年がやって来て、この6年弱

原発近隣の状況は大きく変わったと言えば変わりました。


立ち入り制限の解除や、居住の再開が始まった場所も確かにあります。

けれど、やはり今も多くの犬猫が厳しい暮らしを強いられているのです。


1484224340235.jpg


そんな中でボランティアさんたちの活動も当初とは様変わりし

今も立ち入り制限のある地域で給餌や保護活動続けているのは

本当にわずかな人数になりました。


Mさんは今年も、年始から変わることのない活動の日々。

1匹でも命をつなげたい、1匹でも助け出したい

あの日から今まで、彼女を突き動かしているのはこの思いだけです。

1484224290343.jpg


年明け早々、大熊町で保護された子。

こんな子がいる限り、Mさんの活動は終わりません。

どうか今年も変わらぬご支援をお願い申し上げます。

 
スポンサーサイト
2017.01.13 / Top↑