もうなんのブログだかわからない

今回も大変多くのご来場をいただき、実りある展覧会となりました。
来場者数は6日間で計2043名です。
京都展主催のかわしまさん、ご協力くださったスタッフの方々、そしてご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

<会場配布書類(PDF) ※転載・配布自由です>
「あなたにも、できること」
「何故のこされた?」2011年12月版
「何故のこされた?」2011年12月英訳版

471437365.jpg

(会場の感想BOXより)

○京都新聞「原発…残された動物 大津出身のカメラマンが写真展」
○読売新聞「悲哀 残された動物」
○朝日新聞「20キロ圏、残された牛や豚 京都のギャラリーで写真展」
○京都新聞凡語「残された動物たち」

※今回、会場への募金箱設置は致しませんでした。運営費用の収支については、追ってご報告いたします。
スポンサーサイト
2011.12.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/130-faf0ebdc