もうなんのブログだかわからない

預かりさんの募集などで、何度かご紹介したセツくん。

NEC_0896.jpg

実は奇跡的なことに元の飼い主さんがわかり、今日、無事に福島へと帰っていきました。本当の名前は、ミック君といいます。

保護してくれたボランティアさんは福島入りのため立ち会えないので、代わって私が行かせて頂きました。
わざわざ福島から東京まで迎えに見えた飼い主さんご夫妻。
3日もすれば帰れるだろうと思い、やむなく置いて来た猫。思わぬ長期避難になり、立ち入りの際にも探したけれど見つけることは出来ませんでした。置いてきたことが、ずっとずっと、気にかかっていたそうです。

「家は線量も高いし、もう帰れない。避難先は狭いから‥‥本当はこのまま預かってもらうほうが猫の幸せかもしれないけど。やっぱり、家族なので、連れて帰らせてください」
そう仰って、ご家庭でお預かりされていたSさんと、ご丁寧に私にまでお土産をくださいました。

旅立ちの時がきて、Sさんは少し名残惜しそう。
わんさか猫のいるシェルターから、飼い主さんや里親さんの元へ猫が旅立ってゆく時ですら、送り出す側はやはり嬉しさと淋しさが同居するものです。
短い間とはいえ、ご家庭で1匹だけを大切に預かってくださったのだから、その胸中は少し複雑なものなのかも知れません。

「よかった」「ありがとう」を互いに言い合って、
送り出すときがやってきます。

120219_130841.jpg

「ミック用のキャリー、家にあるから取りに行けねんだわぁ」
オスで少し大きめのミック君。飼い主さんの持ってきたキャリーに入ると、もうパンパンです。本当はキャリーも車も、大嫌いなのだとか。

我慢するのはこれで終わりだから、がんばるんだよ。
今度キャリーケースの蓋が開いたら、そこが、ずっと君を探し続けていた「家族」のおうちだからね。
スポンサーサイト
2012.02.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/159-5dea6aa5