もうなんのブログだかわからない

前回の収支報告はこちらです。
写真展が重なって清算が立て込んでいたため、2ヶ月まとめてのご報告となり申し訳ありません。

★収支報告 2012年2~3月分★

【募金】
<収入>
●フード募金残金:53469円
●フード募金:451924円(名古屋 149593円)(栃木 352331円)
●医療費:1344262円(名古屋 611162円)(滋賀 733100円)
<支出>
●20km圏内2月+3月給仕用 フード代金
合計:296851円
(犬猫ドライ  約1444kg)
(犬猫ウェット 約1.7kgkg)
●20km圏内 救出ペット医療費
610860円
※避妊/虚勢手術、ウィルスチェック、検便、レボリューション、マンソン駆虫など

<残金>
●フード募金:155073円
●医療費募金:733402円

【運営費】
<収入>
●運営費の残金:77628円
●書籍売り上げ利益:(名古屋 131600円)(栃木 34112円)
※滋賀は会場での書籍販売はありませんでした
<支出>
●新作写真パネル代:93450円

<残金>
合計:149890円



写真展の寄付について、こんな噂があると聞きました。
「名古屋の実行委員に高額の寄付をした人がいるんだけど、それを佐々木が横取りして、動物の医療費として勝手に使ったらしい。名古屋メンバーが返せと言ってるのに返さないんだって」

なんですかこの意味不明の噂話。
複数の方から聞いたので、どうやら一部で広まっているようです。
確かに名古屋の写真展で高額の寄付をなさった方がいるのは事実です。しかし、このお金は募金箱の寄付とは別に名古屋メンバーによって管理され、私の手元に来たことは一度もありません。もちろん横取りして勝手に使うわけがありません。
更に言えば、寄付を動物たちの医療費として使うことに反対し「私たちの活動費を返せ!」と名古屋のメンバーが要求しているなんて事実も当然、ありません。
この件については名古屋展の方々からも噂の内容を否定する文章が発表されておりますので、ご確認ください。
■のこされた動物たち@名古屋「お詫びとお知らせ」
尚、高額の寄付については、憶測を呼んで活動の妨げとなるのを危惧し、名古屋メンバーの手で返却して頂きました。上記の収支報告にも含まれておりません。
寄付くださった方にはとても失礼で申し訳ないと思いつつ、きっと別の形で動物たちのために使ってくださるだろうと信じています。

せっかくの機会ですから、寄付について私が日ごろ感じていることを少し書かせて頂きますね。
写真展をやると最初に決めたとき、募金箱を設置するかについて私は非常に悩みました。少しでもお金を集めれば、あらぬ疑いをかけられたり「動物の不幸をダシに儲けている」などの中傷が飛んでくるのは目に見えていたからです。何故かわからないけど、そういう「風潮」があるんですよね。
写真展は太田さんの写真をお借りしてやっているイベントですから、何かあれば太田さんまで巻き込んでしまいかねません。
しかし一方、現地に通い続けているボランティアさんは、気力も体力も時間も圏内レスキューに注ぎ込み、背筋が寒くなるような額の出費を抱えています。特に寄付を募らず活動されている個人ボランティアさんの負担は非常に大きなものです。
私はそういう方々に、せめてお金の心配なく活動して欲しいと願っています。写真展がその一助になればと募金箱を設置しています。

写真展で頂く寄付には、自主的に厳しい制限を設けています。活動費一般としては決して受け取らず、フード代、医療費と事前に用途を告知すること。収支報告をできる限り迅速に行うこと。明朗でわかりやすいお金の流れを心がけてきたつもりです。
それでも今回のようなデマが飛び交う。何故なのでしょう。
こうした噂が写真展の寄付で支援している方々の活動を妨げる結果になれば、どれだけの多くの動物たちを犠牲にするか。想像してほしいと思います。

この噂が悪意によるものか誤解によるものかは分かりません。
私なんてヘナチョコなボランティアですから、至らない点へのご批判は当然あるでしょう。人間同士ですから、好き嫌いもあれば勘違いもするでしょう。残念だけど避けられないことです。
でも、人間のくだらないイザコザで犠牲になるのは誰なのか、どうか考えてくださいね。
スポンサーサイト
2012.03.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/170-9e1621ad