もうなんのブログだかわからない

本格的な冬の始まる福島で、今も寒さと飢えに耐えながら生きている猫たちがいます。
皆様からのご支援、どうか宜しくお願い致します。

゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
現地で給餌するフード募集にご協力ください
◆原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物
このリストを使ってAmazonからご注文くださると、現地で活動する個人ボランティア「Mさん」の元へ届くようになっています。ご支援の程よろしくお願い致します。

【追記】2012/12/03
必要量に達しましたので今回の募集を終了とさせて頂きます。
わずか2日間で750kg近いご支援をお寄せ頂きました。本当にありがとうございます。
どうか今後ともよろしくお願い致します。

・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・

寒さが増して本格的な冬がやってきた東北。
福島も、場所によっては既に初雪が観測されています。

そんな中、仕事と両立しながら、今も毎週、警戒区域で給餌と救出を続けるMさん。

NEC_0147.jpg
※Mさん撮影

彼女の救ったいのちが、一体いくつあるでしょう。

彼女の自宅には、飼い猫や福島からの保護猫たちがいます。
猫はお留守番の得意な動物だけれど、残して出かけるのはやっぱり心配。
私も福島へ行くとき、一番の悩みはそこです。

友人に頼んだりしているけど、これも頻度が増してくると頼みづらい。
留守中の様子が分からないのも不安だし、ましてMさんの場合は毎週のことですから。

NEC_0153.jpg
※Mさん撮影

こちら、舌をしまい忘れのかわいいキジトラ。
Mさん宅で暮らしている福島からの保護猫です。
重い腎不全に侵され、末期と言える状態。右目の色が違うのもそのためです。

留守中、この子になにかあったらどうしよう。
不安でたまらず、帰る車の中で泣いてしまうこともある。
そんな話をMさんから聞き、彼女が福島へ行っている間、自宅の猫のお世話をしてきました。

121124_140612.jpg

毎度おなじみ、おうちゃん。
このところ体調もよく、人馴れして来ました。
私が作業していると後ろでにゃーにゃー。思わずオヤツあげました(笑)

121124_140544.jpg

こちらは人見知り猫たち。手前が「ママ」奥が「たらこ」ちゃん。
基本的に姿を見せてくれることはありません。

121124_140457.jpg

キジトラも、初対面の私にはかなり警戒モードですね。
ストレスになっては意味がないので、トイレ・食事・投薬を済ませたら、さっさと姿を消します。

お家の様子をMさんにメールして退散。
またお世話に来るから、みんな元気にしていてね。
 
スポンサーサイト
2012.11.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/305-2455b0ed