もうなんのブログだかわからない

9ワンのお世話を完了し、続いて向かったのは犬たちと仔猫の住む家。
遊びたい盛りの仔猫「ホタテ」ですが、今は倉庫でひとりぼっちの寂しい暮らし。
寒さや飢えに苦しむ心配はないけど、とにかく人恋しくて遊んでほしくてたまりません。

このお宅の犬たちは同行したKさんとAさんにお任せし、私はホタテと遊んでやりました。



わずかな時間だったけど、抱けばゴロゴロ、遊べばご機嫌。
少しでも席を外すと鳴き通しでした。
またも後ろ髪を引かれる思いで現場を後にし、次のお宅へ。

1匹で暮らすビーグルの元へ行ってみると。

あれ?
犬小屋にいない。

少し奥へ入っていくと、いました。

121208_112405.jpg

でも、なんだか様子がおかしい。

係留の場所が変わったようだけど、周囲には水も餌も犬小屋もなく
ビーグルは助けを求めるように必死でアピールしてきます。

121208_112854.jpg

よく見ると係留されているのではなく、チェーンが絡まって身動きできなくなっていました。
おそらくチェーンごと引き抜くように脱走し、こうなってしまったのだと思います。
ここは先月、別のボランティアさんが来たときも同じ状況だったと聞きました。

さっそく給餌すると、ウェットは一気食いしたものの、ドライフードは吐いてしまう。
極限に飢えたとき特有の症状です。一体いつぶりの食事だったのでしょうか。
絡みついたチェーンを外し、しっかりと再係留して帰ってきました。

その他

121208_141821.jpg

大型犬のゴンを散歩に連れ出してご満悦の表情を見たりしながら
10軒ほどケアに回りました。

121208_170233.jpg

最後は雪が降り始める中、真っ暗な中で猫を探すも見つからず、タイムアップ。
でもこれ、まだ夕方の5時くらいです。
街灯がないので、日が傾き始めると一瞬で暗くなりますね。

淋しさが常態化している飯舘村の犬と猫。
せめてこの夜が、普段より少し心暖かな夜であるように...と願います。

来週も飯舘村へ行き、今度は被災ペット応援クラブさんの給餌活動に参加します。
 
スポンサーサイト
2012.12.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/310-8b69d4d6