もうなんのブログだかわからない

「飯舘村から、5ワンの里親様募集です!」詳細を加筆・修正しました。

------------------------------------------------

先週に続き飯舘村へ。

向かう途中の高速道路で、郡山と二本松あたりの吹雪がすさまじく
散歩どころかたどり着けるのか不安だったけど、飯舘村は荒れていなかった。

130126_094336.jpg

9頭の犬が暮らすおうち。
今週、ようやく犬たちの名前と年齢・性別を知ることが出来た。
犬たちの住処へと続く道に、人が踏み込んだ痕跡はなく、わずかに猫の足跡があるだけ。

寂しさとストレスからか、いつも周囲の物を噛んで破壊している、お出迎えワンコことマック。
先月は犬小屋の屋根が壊れて釘が飛び出していたため、応急処置をしてきた。

121216_083424.jpg

そして今回は

130126_100343.jpg

もはや犬小屋とも呼べない状態。
木製だとまた破壊されてしまうから、他の子が使っていたプラスチックの小屋に交換。

今回は私がマックを散歩に連れて行った。
自由に歩ける機会がほとんど無い彼ら。散歩ではどの子も大はしゃぎだ。
「あの草村行く!」「しっこする!」「この坂登る!」「走る!」「あの木にもしっこ!」
途中、出てきたウンチは少し下痢気味だったけど、元気に歩き回るマック。
動きたくて、走りたくて、先へ行きたくて仕方が無い。

ところが、折り返して岐路へ向かおうとした途端、1歩も進まなくなった。
「どうしたの? ほらほら、走ろうよ!」
こちらが小走りに誘い水を向ける。普段なら喜んで走り出すのに、動かない。

綱を引き、ようやく歩いたかと思えば、私の前方に回り込んでしがみつく。
振り払っても少し歩くとまた同じ。何度も繰り返し、そんな仕草を見せるのだ。
鳴きもせず、ただ静かにじっと、まっすぐな瞳で私を見つめ
まるで行く手を阻むように、抱きついて離れない。

また置いて行かれるって、分かるのかな。
行っちゃ嫌だって、言いたいのかな。

犬を飼ったことなんて無い。そもそも別に、犬好きでもない。
だから彼らの言葉なんてわからない。
それでも、わかるよ。
こんな強い気持ち、どうしたって、伝わるよ。

今まで福島の活動をしてきて、慌しい現地で泣いたことなんて一度も無い。
だけど、またこの子を残して行くのだと思うと、たまらない気持ちになって
私を見つめる静かな瞳を見ながら泣いた。

121208_100506.jpg

人恋しいマックは里親様を募集中です。
終生、責任を持って飼ってくださる方。愛情を持ってかわいがってくださる方。
どうかご連絡ください。お待ちしております。
 
スポンサーサイト
2013.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/340-2c620c51