もうなんのブログだかわからない

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みけきちさん。
今月の血液検査の結果が出たので聞きに行ってきました。

130519_213815.jpg

あ、写真は「このとこ出番が少なくない?」とご不満の、りん様です。

さて。
猫伝染性腹膜炎(FIP)の状況を把握するとき、ひとつの指針となるのがコロナウィルス抗体値。
まったく疑いのない子=コロナウィルスを持っていない子なら、当然ゼロのこの数字。
100程度でFIPを疑われるボーダーと診断される病院もあるようです。

みけきちは入院時、この数値が10万を超えていた時期もありますが
退院してからの検査結果は毎回2万5600。今回も同じでした。
でも、一方で足の麻痺や排尿障害など、目に見える症状はどんどん出てきている。
この数字に意味あんの?と思う部分もあります‥‥。

血液検査の結果、他に分かったのは貧血が進んでいるということ。
こちらも指針となるひとつはヘマトクリット値。
正常値は30~45とされていますが、3月は20でした。
先月は28と大幅に改善していて、喜んだのもつかの間、今月はなんと17にまで急降下。

うーん。先月から貧血防止のサプリメントをあげてるのになぁ。
きっと、だるくて、すぐ疲れてしまうんだろうね。
かわいそうに。

130514_134932.jpg

あ、写真は引き続き、かわいすぎるりん様です。

問診時におしっこがかなり溜まっていて、膀胱が限界になるとようやくお漏らししてるのでは?
という疑いが出てきたので、このところ日に2~3回ほどマッサージで排尿を促しています。

お尻をポンポンしたりお腹をやさしくマッサージすると、おしっこチョロチョロ。
ときには、その勢いでうんちもモリモリ。
お世話の手間は増えたけど、子猫みたいでかわいいですよ!

そのうち、動画を撮りますかね。
でもマッサージで両手がふさがるんだよな~。
 
スポンサーサイト
2013.05.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/393-971560cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。