もうなんのブログだかわからない

福島県の原発避難区域で給餌するフードをご支援ください
今も給餌・保護活動を続ける個人ボランティア、Mさんに物資の支援をお願い致します。

◆Amazon「原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物」リスト
※送付先に「猫ごはん配達ボランティア」を選択して、リストからご注文ください。
※郵便番号が間違っていると表示される場合がありますが問題ございません。

130601_1451410.jpg

5月28日に双葉町の再編が終わりました。
これを受けて一部の報道では「すべての警戒区域が解除された」と報じています。
確かに、それは嘘ではありませんが、適切な表現とは言えません。

これまで警戒区域に指定されてきた場所の内、一部は再編によって「帰宅困難区域」となり
少なくとも向こう5年間は人が住めないと確定したのです。
ある意味ではより一層、人の侵入を拒み、動物たちを閉じ込める場所となるでしょう。

人と動物の出入りを禁じる「警戒区域」が指定された4月22日から、すでに2年以上。
犬猫の数は確実に減ってはいるものの、かつて人間に飼われていた子たちを含め
未だ助けを必要とするいのちが残されています。

一方で現場を去った愛護団体・ボランティアさんも多く、
立ち入り制限地域で活動を続けているのは、活動に生活のすべてをかけている方ばかりです。
皆様からのお力添えを、どうかお願い致します。

【追記】2013/06/03
必要量に達しましたので今回分の募集を終了させて頂きます。
今回も1tを超えるご支援が集まりました。いつも本当にありがとうございます。
スポンサーサイト
2013.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/396-22462f21