もうなんのブログだかわからない

先日募集させて頂きました、個人ボランティアMさんの給餌用フード。
今回も多くのご支援が集まり 合 計 1 t を超える量となりました。
いつも本当にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

さて今回は受け取り&開梱作業の後にもう一仕事。

NEC_0144.jpg

現在、福島の原発近隣で行われている給餌活動は↑のように
カラスや狸対策をしたボックスにフードを補充する方式のボランティアさんがほとんど。
つまり、フードを袋から出して給餌しているのです。

が。
現地で開封していると袋が大量のゴミになり、もちろん捨てて帰るわけに行かないので
その都度ゴミになった袋を回収して・・・とやっていると収拾がつきません。
なにしろ日に100袋以上を給餌するのですから。

そんな訳で今回は袋を移し変える作業もみんなでやりました。

130605_205816.jpg

まずはザザーッと出しまして

130605_205841.jpg

キュキュっとしばって出来上がり。

この単純な作業を、繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し‥‥‥

繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返げふげほっ(息切れ)

ひたすらに、繰り返します。

130605_211251.jpg

これで無事に準備完了!

もちろん、ビニール袋は現地からお持ち帰りしますよ。

実はMさん「フードの募集と開梱を手伝ってもらって、これ以上お願いするのは‥‥」
と、この作業があることを秘密にしていました。
ですから今まで、福島行きのない日は毎晩ひとりで2時間も詰め替え作業。
週に300kgを越えるフードをコツコツ、コツコツ‥‥詰め替えていたのだそう。
これには一同、ぶっちゃけ 呆 れ 顔 でした(笑)

福島の子たちにごはんを届けるのは、相変わらずとてつもない労力が必要だけど
フードを支援する人、準備作業を手伝う人、そして現地に行く人、
いろんな人の力を合わせて、1匹でも生かしていければと思います。
 
スポンサーサイト
2013.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/400-864b8e07