もうなんのブログだかわからない

6/25に福島原発20km圏内を視察した、経産大臣政務官で原子力災害現地対策本部長の田島要議員(民主党衆議院)。
<現地本部長日記>6月25日 警戒区域視察という現地報告の中で、ペットのことについても言及されていました。
そして先ほど、Twitterで下記の通り発言!

発言のURL
kanametajima
警戒区域内で集中的にペット捕獲を始めます。ボランティアの力をお貸しください。土地勘ある方と車、犬猫用の捕獲道具が必要です。捕獲されたペットを一時的に保管していただける福島近隣の動物病院も募ります。0245217835まで@animal_demo
※協力可能なボランティアさんは是非連絡を。ただし、問い合わせや意見等の電話が殺到し、業務に支障を来たすことが無いよう配慮願います。

実はこの1時間前に、圏内動物の問題に関わっている夏堀 雅宏さん(獣医師)から同様のツイートがありました。

発言のURL
Natsuhori_Guts
田嶋要原子力災害現地対策本部長より、オフサイトセンター主導で警戒区域圏内犬猫の救援促進が決定!被災者飼い主の救済と犬猫の過剰な繁殖防止と伝染病蔓延防止等の公衆衛生上の対策が目的。



ようやく「政治主導」の大規模救出が始まるのでしょうか?
始まって欲しい! 始まらなければです!
ボランティアへの募集内容に「犬猫の扱いに慣れた方」が含まれていないところを見ると、主に行政の職員が保護活動に当たるのかもしれませんが…。やはり民間人を区域内に入れるのは高いハードルなのでしょうね。

しかし、いずれにしろ待ちに待って待って待った、政府関係者からの言質です。どうか実現されますように。
そして、一日でも早く、一匹でも多くのいのちが救われますように。
スポンサーサイト
2011.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/41-8f5cf9b8