もうなんのブログだかわからない

【追記】2014/03/31
増税の影響で物資が大幅に値上げされたため、いったん募集終了とします。
4月の必要量に達していませんので改めて募集させて頂きます。
引き続きご支援よろしくお願い致しますm(_ _)m


福島県の原発避難区域で給餌するフードをご支援ください
◆「原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物」リスト

ご支援くださったフードは、福島で活動を続ける個人ボランティアMさんに届きます。
※リストから、送り先に「猫ごはん配達ボランティア」を選択してご注文ください。
※郵便番号が間違っていると連絡が来る場合があります。実際には問題ございません。

------------------------------------------------------------------

20140308_145316.jpg

今も倒壊した家々が並ぶ原発近隣の町。

そこに残された子たちの命を繋ぎ、救出する活動が続いています。

献身的に福島通いを続ける個人ボランティア、Mさんへのご支援

どうかよろしくお願い致します。

◆「原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物」リスト


Mさんは福島通いを続けながら

自宅で10頭弱の保護猫をお世話しています。

今日はそんな中の1匹、”ママ”の話をさせてください。

121124_140544_20140328072345c51.jpg

”ママ”は元々、東京で暮らす野良猫でした。

震災前に保護された古参猫だけど、未だにまったく触れず

私はまともに全身を見たことすらありません。

それも無理のない話。ママは虐待現場から保護されたのです。

爆竹を仕掛けられるなど、凄まじい恐怖体験をしてきました。

130601_152409.jpg

人に馴れていない+麗しい三毛という

私の心くすぐる要素を兼ね備えた彼女が、私はもちろん大好きです。

前回フードの受け取りを手伝いに行ったときも

「もうちょっと広い家に引っ越したら、ママの里親になりたいな~!」

なんて冗談半分で話していたほど。


それなのに。

先日、福島で活動中のMさんに連絡を取ったら

「ママが入院してて、危篤だから今日は早めに引き上げて帰るよ」

というのです。

青天の霹靂。寝耳に水。

本当に突然のことでした。


ママ‥‥かわいそうに。

これから会いに行くね。

 
スポンサーサイト
2014.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/480-7b028a0a