もうなんのブログだかわからない

【追記】2014/11/18
必要量に達しましたので今回の募集を締め切らせて頂きます。
いつも多くのご支援、本当にありがとうございます!



個人ボランティアのMさんは、今も被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

★Amazonの欲しい物リストから送る
◆「原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物」リスト

※リストから、送り先に「猫ごはん配達ボランティア」を選択してご注文ください。
※郵便番号が間違っていると連絡が来る場合があるようです。実際には正しい番号を登録しており、配送にも影響ございませんのでご安心ください。

★安いお店からヤマト運輸の営業所止めで送る
以下の店舗から、ヤマト運輸の営業所止めでお送り頂くようお願い致します。
尚、今回の受け取り予定日は11月19日です。
◆アンディマーブル 楽天市場店「キャネットチップ」
◆アンディマーブル 楽天市場店「ミオ おいしくって毛玉対応」
<送り先>
〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-16-13
「ヤマト運輸 上野毛センター止め 猫ごはんボランティア」宛
イタズラ防止のため電話番号は非公開とさせて頂いております。入力必須の場合は恐れ入りますがお送りくださる方の番号をご記入くださいませ。

----------------------------------------------------------


早いもので11月も半ば。

人の住めなくなった原発近隣の町にも、また厳しい冬がやってきます。


20141101_104400.jpg



残された犬猫のために福島へ通い続けているMさん。

継続的な給餌と並行して、個人で可能な限りの保護を進めています。


20141026_155845.jpg


監視カメラで生存の確認された猫。


皆様からご寄付をいただき、Mさんが給餌したフードを目当てに

この場所へ通い続けているようです。


そして・・・・


FB_IMG_14130103919877490.jpg


無事に保護!

まだ若いキジトラの男の子。

名前は「のりお」君になりました。


20141108_204713.jpg


黒猫ちゃんも2匹。

それぞれ別の場所で保護されました。

まずは動物病院でウィルスチェックや寄生虫の駆除など基本的なケアを受けます。


20141107_010504.jpg


ぽんたは生後5か月くらいの子ども猫。

茶色がかったキジトラ柄に、クリクリおめめのかわいこちゃんです。


容易に里親さんが見つからない現状の中

個人が保護できる頭数は本当に限りある僅かなものです。

それでも、いつか安全なお家へ連れていけることを目指して

根気よく給餌と保護を続けるしか、出来ることはありません。


生き延びている現地の子たちに、東北の厳しい冬が迫っています。

皆様のお力添え、どうぞよろしくお願い致します。

 
スポンサーサイト
2014.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/540-3dcd34b4