もうなんのブログだかわからない

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
大熊町にはダチョウがいる。

110723_061929.jpg

少しの餌で大きく育つダチョウのように
少しのウランで大きな電力を得られる原発

なんだかよく分からないけど、
そんな言葉と共に最初のダチョウはこの町に来た。
福島第一原発のマスコットとして。

子ども達が遊びに来た。
原発は怖くないよ、楽しいよ。
ほら、ダチョウだっているでしょう。
そう思ってくれたかな?


10年と少しがたって、
この町を思うおじさんがダチョウを飼った。
この町を元気づけようとダチョウを飼った。

ダチョウはとても育てるのが難しいんだって。
苦労して苦労して、卵から育てた沢山のダチョウ。
そこは「楽園」と名づけられた。


あの日、原発が爆発した。
人々は逃げた。
だって逃げるしかないもの。
取り残されたダチョウたちは死んだ。
ほとんどが。

なんとか生き残ったボス。
でも、ダチョウは「カチク」だから、外へ連れ出せないんだって。

723Image520.jpg

大熊町にはダチョウがいる。今も。
どうして?
スポンサーサイト
2011.07.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/57-36b45e8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。