もうなんのブログだかわからない

今回は諸事情あって長居できないため、目ぼしいとこをササーッと回って帰りましょうというコースでした。

まずは前回「瀕死の白黒」を救助した場所。
白黒はまだ闘病中で肝臓の数値が悪いままですが、食事できるようになり、肉球が少し温かみを取り戻してきているそうです。いいぞ、がんばれ、がんばれ。

今日も同じ場所に猫の姿が見えて捕獲機をセット。
しかし初回は食い逃げ。
なかなか頭のいい子です。

とはいえ、から揚げの魔力には勝てず。
0730Image512.jpg
ガシャン。

ねばりましたが他の子たちは捕まらず、給仕だけして次の場所へ。
同じ場所に、確認できているだけであと2匹が残っています。

そこから程近い住宅街で犬3匹、猫2匹を見つけるも、捕まらず。
少し車を走らせていると、またほど近い場所で、倒壊した家屋の中で暮らしているらしき猫を発見。捕獲機をセットし、猫の警戒を解くために見えない場所へ移動します。
と、その道すがらでまたもや猫を発見。
0730Image511.jpg
ガシャン。

捕獲機回収のため倒壊家屋へ戻ろうと準備していると、また違う猫がひょっこり顔を出しました。
0730Image513.jpg
ガシャン。

結局、倒壊家屋のほうの猫は捕まらず。
この近隣に、今日目撃しただけで犬3匹、猫3匹が残されています。

時間が迫ってきたので少し長距離を移動。
何度か通っている沿岸部で三毛ちゃん発見。
0730Image516.jpg
ガシャン。

その100M先でもまた
0730Image514.jpg
ガシャン。

ここもまた、確認できているだけで猫1匹が残っています。

引き上げる道中、別車から犬を保護したとの連絡が入りました。
0730Image515.jpg
この子、実は先週「チョコン猫」を保護したのとまったく同じ場所にいたそうです。とすると、あの近隣にもまだ複数の犬猫が残っているのかもしれません。

警戒区域の指定から既に3ヶ月以上。
犬猫が密集して残っている場所が、こんなにもあるとは正直ショックでした。

いったい全体
どれほどの犬猫が、未だ取り残されているのだろうか?
どれほどの犬猫が、未だ空腹に耐えて待っているのだろうか?

先の見えない、途方も無い保護活動。
それでも、できることを地道にやるしかないのです。


<保護した犬猫はすべて、同行したアニマルエイドさんのシェルターにいます。>


【おまけ】
0730Image517.jpg
リラックスな白猫ちゃん。
スポンサーサイト
2011.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/59-94b4ce6d