もうなんのブログだかわからない

【追記】2015/10/26
必要数に達しましたので、今回の募集を終了いたしました。
いつも温かいご支援ありがとうございます!


個人ボランティアのMさんは、今も被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆「原発20km圏内 猫ごはんボランティアが欲しい物」リスト
※リストから、送り先に「猫ごはん配達ボランティア」を選択してご注文ください。
※郵便番号が間違っていると連絡が来る場合がありますが、実際には正しいので問題ございません。

---------------------------------------------------------------


猫グッズのお店「ちまじや」さん主催のイベントに

Mさんが福島で保護した猫たちも参加しました!

お陰様で里親様とのご縁が結ばれた子も(^^♪

頂戴した募金と物資はMさん保護猫の飼育に使わせて頂きます。

詳しい報告は是非ちまじやさんのブログをご覧ください。

20151010_002223.jpg


Mさんシェルターには

まだまだ里親様を待っている子がたくさんいます。


現地で生き延びている子たちも

保護されて新しいお家を待っている子たちも

まだまだ助けを必要としています。


20151016_232550.jpg

こちら、古株らしい風格漂う

キジ白ののりおと、茶トラのマイケル。

ふてぶてしく見えてシャイボーイな2ニャンだけど

人前でもくつろいでくれるようになりました。


20151012_180417.jpg

写真は名付け親のサトミックスに抱っこされてご満悦なのは

リンパ腫で闘病中のゴルゴ・キジキジ。

Mさんが保護した福島猫の中では一番の古株です。

正直、病状はかなり厳しいのだけど

Mさんやボランティアさんに見守られ頑張っていますよ。


この子が穏やかな時間を過ごせるのは、何よりも保護されたから。

今も福島で生きる猫たちのために引き続きご支援をお願い致しますm(_ _)m

 
スポンサーサイト
2015.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/596-c5b4064b