もうなんのブログだかわからない

私が関東から実家に帰って1年半。ずっと気になっていることがあった。

どうやら我が家の近くで、猫に餌やりをしている人がいるらしい。

ちゃんと避妊去勢はしてるんだろうか?

この辺は商店や飲食店が多いけど、苦情にならないんだろうか?

ずっとずっと、心のどこかに引っかかってはいた。


どう見ても姉妹の、そっくりな三毛2匹

「シッポ長」ちゃんと「シッポ短」ちゃんも餌場の住人だった。

シッポ長ちゃんはとても人に馴れていて、元は捨て猫なのかなぁと思ったりもする。


1468994653067.jpg


4月のことだった。

シッポ短ちゃんのほうが、なんと保健所に収容された。

私がそれを知ったのはずいぶん後になってからだった。


負傷して道に倒れていると通報があって、収容されたらしい。

でも、本当におかしな話だけど、負傷が治ったら

引き取り手がいない限りこの子は殺処分されてしまう。

環境のせいもあってシッポ短ちゃんは狂暴猫に変身しており

譲渡対象にはならないから

通常なら私が知った時点で死んでいてもおかしくなかった。

それでも生き延びたのは、彼女に「さくら耳」のようなイヤーカットの後があるからだった。


餌やりさんが避妊したのかも知れない。

なんにしろ、今まで餌をやってかわいがってきた子だもの

猫が好きだから餌をやるんだし、殺されると知ればすぐに引き出してくれるだろう。

そう思って大慌てで餌やりさんに連絡した。


1468994672286.jpg


ところが、返って来たのは意外な答えだった。

「避妊もイヤーカットもしてない。

 室内でもたくさん猫を飼ってるし、近所からの苦情がすごくて餌場には戻せない。

 とにかく私が引き出すことは出来ない」


耳を疑った。

だって、殺されてしまうんですよ、と念押ししても、返答は同じだった。



県内で活動する動物愛護団体アニマルレスキュー ドリームロードさんと

島根動物愛護ネットワークさんに協力してもらい

餌やりさんの説得を試みて、保健所にも掛け合って

とにかく数日の間に本当にいろんなことが山ほど起きたけど

保健所はもちろん餌やりさんも、この子を助ける気はない。

それが結論だった。


1468996083664.jpg
※「岡田」さんは本件と無関係です


餌やりが全部悪いとは私は思わない。

猫はかわいいし、お腹を空かせていればかわいそうだ。

でも、ルールを破れば迷惑に思う人はもちろん出てくる。苦情くらい言うだろう。

苦情を言ってくる人が悪いわけじゃない。この世には猫が好きじゃない人もいるのだから。


でも、そこで嫌われてしまうのは、餌やりさんよりなにより、猫たちだ。

ただ生きているだけの、猫たちだ。


周囲の理解を得るのは大変なことかもしれない。

わからなくはない。

けれど、いざ命が脅かされたときに助けようとしないなら

この人にとって、「かわいそう」って何なんだろう?

猫が好きって、何なんだろう?


1468994706530.jpg


結局薬局、私が業を煮やして

「この子はうちで飼います!!」と言ってしまった。


いのちを守らない餌やりさんに猫を任せておけないから

シッポ長ちゃんはアニマルレスキュー ドリームロードさんで

里親さんを探してもらうことになった。


1468994730416.jpg


彼女を延命してくれた「さくら耳」のようなイヤーカットは

どうやらただの古傷らしい。

でも、それが命を救ってくれたから、名前は「さくら」と決めた。


さくらちゃん、もう命の心配なんてさせないからね。


 
スポンサーサイト
2016.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/620-13c0a3a8