もうなんのブログだかわからない

クララちゃん、来てみたら意外と歩けたし、とても元気で
とにかく超絶甘えんぼな食いしんぼ。
つくづく人と暮らすのがお似合いの家猫だ。

13912728_1082554045172310_721273840128058830_n.jpg


保健所から引き出した当日
病院でいろいろ検査してもらったけど
骨も内臓も正常だし、下半身麻痺の理由はよく分からず
目立つ外傷はシッポの付け根にあるだけ。

麻痺が治るかは不明だけど
ひとまず抗生物質を飲んで自然治癒に任せることに決まった。

 13892156_1082210958539952_5322910773805994946_n.jpg


そして、クララが我が家へきて1週間。
再診予定だったその日の朝、いつものようにお世話してると
少し無理な体制になったクララの腰の辺りから
ビュビューッ!!!!
ものすごい勢いで膿が飛び散った。私の顔に。

何が起こったかわからず、クララの体を確認してみると
腰の辺りに小さく傷が開いていた。
きっと皮膚の内部で炎症を起こしていたものが
ついに限界を超えて破裂し、膿が噴き出したのだ。

その時点ではさして大きな傷とも思えなかったけど
徐々に皮膚が開いて、30分もすると大きな傷に。
病院で周囲の毛を剃り、患部を洗浄してもらうと
深く広い傷が顔を見せた。

13901345_1085250891569292_1724770781238142327_n.jpg

こんな状態で、よく外で一週間も生きていたね‥‥。
とてつもなく痛かっただろうに
苦しい顔一つせず、陽気に甘えて遊んでいたクララ。
なんて強い子なんだろうか。

自然治癒できる可能性もあると言われたけど
その間の衛生管理も難しいので、早速手術してもらうことに決めた。

  
スポンサーサイト
2016.09.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/624-b871f53d