もうなんのブログだかわからない

【追記】2016/11/07
今回の募集を締め切らせて頂きました。
いつもご支援ありがとうございますm(_ _)m


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

<佐川急便 営業所止めでご支援ください>
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------

ここは第一原発のある大熊町の梨園のお宅。

4年ほど前のある日

Мさんは、避難時にやむなく置いてきてしまった猫を探しているというおじいさんから保護の依頼を受けました。

その日からこの梨園のおじいさんの家も毎週欠かさずに給餌・保護活動を行っている場所のひとつとなっています。


ブログ①

ブログ①-a


ご支援いただいたフードを切らすことなく現地に運ぶことができたおかげで

ここでは多くの猫の保護に成功し、今は里親さんのもとでとても幸せに暮らしています。

ブログ②

ブログ③

しかし今もまだ途方もない孤独と飢えと寒さに耐えながら、必死で生きている命があります。

本格的な冬の訪れを目の前にして、Мさんは残されている猫の保護を目指します。


厳しい立ち入り制限があるこの地域では

保護に向かったその日に保護することが叶わない日もあります。

そのためにも猫のいのちをつなぐフードを必要としています。

どうか皆さまからのご支援を宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
2016.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/629-505ee113