FC2ブログ

【追記】2018/01/29
今回の募集を締め切らせて頂きました。
沢山のご支援いつもありがとうございます!



個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------


心配した通り、今年はいつもより厳しい冬になっています。


度々襲う「記録的な寒波」は人のいなくなった町で暮らす猫たちも直撃。

家猫でも弱った子が命を落としやすいこの季節

みんな何とか生き延びてほしいと願うばかりです。


1516713145842.jpg


生き残っている猫がいるか確認のために設置された監視カメラ。

姿を見せたこの子は無事、Mさんに保護されました。


1516713107979.jpg

綺麗なハチワレの男の子。

あったかい場所で冬を乗り越えて、安心で幸せな猫生を手に入れようね。


一方、こちらは、同じくMさんに保護された、あめちゃん。

1516713100732.jpg

最初は少し緊張していたけれど

Mさんの家での暮らしにすっかり慣れたようです。

次は新しい家族を探さなくちゃね。


1516713088671.jpg

ちなみに「あめちゃん」という名前、漢字で書くと「飴ちゃん」だそう。

何故なのか‥‥?

私にはよく分かりません(笑)


1516713068015.jpg


いることが分かっていても

警戒心が強く、すぐに保護できないことも多いのが現実。

この厳しい冬を猫たちが生き延びるために、命を繋ぐごはんが必要です。

みなさまのご支援を、引き続きよろしくお願い致します。




スポンサーサイト
2018.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/657-6e74d4bb