もうなんのブログだかわからない

今回、保護できたのは。
0807Image504.jpg
ガリガリな黒ちゃん。(顔の写真撮るの忘れました、ごめんなさい)

そして、元気な茶トラ。
0807Image508.jpg
すごい顔の写真ですみません。笑
いや、実はこの子、後ろ足が一本ないんです。
写真では失われた左足の部分を尻尾で庇っているような感じですね。
膝の辺りで切断されている状態でしたが、新しい傷口にも見えなかったので、もしかすると3.11より前から3本足かもしれません。

今回は浪江の辺りでも3本脚の犬が2匹、放浪していました。
その身体で生きていくには、かなり警戒心が強くなければ無理なのでしょう。写真を撮れる距離にすら近づけず、置き餌だけしてきました。
生き延びてくれると良いのですが…。

みんな、生きています。
0807Image503.jpg
牛も

0807Image502.jpg
ダチョウも

0807Image501.jpg
ヤギだって。

ルートの最後で、「うつくしかった牛」の牛舎に行ってきました。
ここは風通しが悪く日も当たらないせいか、8月になった今も尚、牛たちの遺体が模様と形を止めたまま、蒸し焼きにされるような腐敗を進めています。蜘蛛の巣だらけの中で表面に白い粉をふき、カビが繁殖し始めているようでした。周囲は当然ながら、ものすごい異臭です。

実はこの辺り、犬と猫がいるんですよね。
この牛舎の本当に真隣でねこたちが暮らしています。

捕獲機を仕掛けましたが、捕まらず。
食事を置いたら、この場所で更に留まってしまうと分かりながら、飢えさせるわけにも行かないのでフードを置いてきました。

いつも、できることは限られています。
救えるのはほんの一部です。

みんな、必死で生きているのにね。
必死で助けようとしているのにね。


<保護した猫たちは同行したアニマルエイドさんのシェルターにいます>

【おまけ】
0807Image506.jpg
実は可愛い茶トラさん。
スポンサーサイト
2011.08.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/66-526a21fd