もうなんのブログだかわからない

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
人を待っているみたいに、お行儀よく座っていた茶白猫。

110828_092132.jpg
捕獲機がよほど怖かったのか驚いたのか、暴れ回って鼻血ぶー。
すり傷だもん。すぐに治るさ。

同じ町の入り口辺りには、白猫がたたずんでいました。

110828_061721.jpg

走って逃げはしないけれど、警戒心が強く近づけません。
驚かさないよう静かに追っても、どんどん入り組んだ場所へ逃げ込んでしまうだけ。
110828_061755.jpg

捕獲機をしかけて、待つことしばし。
戻ってみると。

110828_071132.jpg

さらに遠くへ離れてしまっていました。

110828_071149.jpg
ガリガリで、よく見ると腰の辺りは毛が抜けています。
どうしても連れて帰りたくてリトライしたけれど、やはり捕まらず。

ごはんを置いておくからね。
食べて元気になって、早く捕獲されるんだよ。


食事もままならず、早く捕まって安住の地へ行けばいいと思うのに、捕まらない子のなんと多いことか。
もう、人間の世界へ戻るのなんて、ゴメンなのかも知れません。
そう思われて当然のことが、起きているもの。

未だたくさんの遺体が放置されたままの「うつくしかった牛」の牛舎。
その隣で、2匹のねこが暮らしています。周囲に漂うのは「くさい」を通り越し、呼吸困難になるような強い刺激臭。放射能とは関係なくマスクが必要な場所です。

早く他へ移ればいいと思うのに、2匹ともなかなか捕まりません。
今日も変わらず白猫とキジトラがそこにいるのを確認し、捕獲機を仕掛けます。

待つことしばし。

110828_132140.jpg

こんなかわいこちゃんが、遺体の横でお腹を空かせているんです。
もう1匹は結局、捕まらず。また行かなくてはなりません。
早く一緒に行こう。お願いだから。


★保護したねこは、同行したアニマルエイドさんにいます。


0828Image505.jpg

お前も一緒に行けると良いのにね。
スポンサーサイト
2011.08.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://animaldemo.blog.fc2.com/tb.php/80-ca40b490
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。