もうなんのブログだかわからない

【追記】2017/03/13
今回の募集を終了いたしました。
たくさんのご支援、本当にありがとうございます。m(_ _)m



個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------

気づけばまた、3月11日がやって来ます。

そこに住む人も動物も、運命を大きく変えられてしまった日から丸6年。

1489140534288.jpg


この間、福島に通い続けてきたMさん。

助けられたいのちも、間に合わなかったいのちも

出逢うことさえ出来なかったいのちも、たくさんあります。


1489140517455.jpg


起きたことのあまりの大きさに

出来ることのあまりの小ささに

愕然とすることが多すぎて

何度も迷うこともあったけれど

見捨てられなくて続けてきた6年間です。


1489140507550.jpg


もう6年。


でも

いつになるか分からない解決の日を想うと

まだ6年でもあります。


1489140524219.jpg


今も原発近くの町で生きる子たちのため

引き続き皆様のご支援をお願い致します。


 
2017.03.10 / Top↑
【追記】2017/02/06
今回の募集を終了いたしました。
いつもご支援ありがとうございますm(_ _)m



個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------


Mさんが年明けに保護した、あきこちゃん。

まだ人間が怖いけれど

人前でもおててを伸ばして、少しくつろげるようになってきました。


1486116710437.jpg

保護される子の中にはいろんな猫がいます。

最初から人懐こいスリスリちゃん。

人が怖くて怯えてしまう子。

高齢でお世話に手間のかかる子。

病気を抱えて他の猫と一緒に出来ない子。


1486116729911.jpg

その子がどんな子か、保護してみるまで誰にもわかりません。

その子がどんな子であっても

保護した以上は最後までお世話をして、生涯を丸ごと受け止めなくてはいけない。

とても勇気と持続力のいることです。


1486116751221.jpg

けれど

人のいない町で暮らす猫をやっぱり見捨てられなくて

Mさんは今週も福島を訪れます。


1486116760836.jpg

1匹でもいのちを繋ぎ、助け出すため

皆様のご支援をお願い致します。

 
2017.02.03 / Top↑
【追記】2017/01/17
今回の募集を締め切りました。
いつもご支援ありがとうございます。本年もよろしくお願い致します。


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆まんぷくドライお魚 ミックス味・野菜入 8kg
◆まんぷくドライお魚 ミックス味 8kg
◆ まんぷくドライかつお チキン味・野菜入 8kg


<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------


ご挨拶が遅くなりましたが、ようやく2017年最初の更新です。

旧年中は皆様から多大なるご支援を頂き、誠にありがとうございました。

1484224270841.jpg


また新しい年がやって来て、この6年弱

原発近隣の状況は大きく変わったと言えば変わりました。


立ち入り制限の解除や、居住の再開が始まった場所も確かにあります。

けれど、やはり今も多くの犬猫が厳しい暮らしを強いられているのです。


1484224340235.jpg


そんな中でボランティアさんたちの活動も当初とは様変わりし

今も立ち入り制限のある地域で給餌や保護活動続けているのは

本当にわずかな人数になりました。


Mさんは今年も、年始から変わることのない活動の日々。

1匹でも命をつなげたい、1匹でも助け出したい

あの日から今まで、彼女を突き動かしているのはこの思いだけです。

1484224290343.jpg


年明け早々、大熊町で保護された子。

こんな子がいる限り、Mさんの活動は終わりません。

どうか今年も変わらぬご支援をお願い申し上げます。

 
2017.01.13 / Top↑
【2016/12/05】追記
今回の募集を締め切らせて頂きました。
いつもご支援ありがとうございます!


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

◆佐川急便の営業所止めでご支援ください
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------


このバリケードの向こう側は原発事故の後、立ち入りが禁止され、人の住めない町となりました。

1.jpg

2_20161202171603502.jpg


ここは住民の「一時帰宅」すら満足に許されない土地。

この先何十年後も人が戻ることはあり得ないだろう町だからこそ
そこに残されて生きている猫がいる以上
私は何とか1匹でも連れ出したい、そう思っています。


個人での小さな保護活動なので、できることも本当に小さくて…

給餌フードのご協力なしでは、到底叶うことのなかったこの活動です。


保護時、こんな姿だったこも

3_201612021716045ef.jpg

見違えるようにふくふくとなり、里親さんのもとで幸せに暮らしています。

4.jpg


この町で保護した「ぱんこ」ちゃんも、先日素敵な家族ができて幸せをつかむことができました。

IMG_20161121_173954.jpg


だからこそ、もうひとふんばり頑張りたいと思います。


保護するためには毎週の給餌は欠かすことができません。

どうか福島の猫へのフードのご支援をお願いいたします。


(個人ボランティアM)

2016.12.02 / Top↑
【追記】2016/11/07
今回の募集を締め切らせて頂きました。
いつもご支援ありがとうございますm(_ _)m


個人ボランティアのMさんは被災猫のために東京から福島へ通っています。
人のいなくなった原発近隣で生きる猫たちへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

<佐川急便 営業所止めでご支援ください>
下記3点の内いずれかを佐川急便の営業所止めでお送りください
◆素材一番まんぷくドライ ミックス味 8kg
◆素材一番まんぷくドライ かつお味8kg
◆素材一番まんぷくドライ まぐろ味8kg

<送り先>
こちらの 記 入 例 をご参照ください。
〒158-0097 東京都世田谷区用賀1-15-23
佐川急便 用賀営業所止め「猫ごはんボランティア」宛て
※いたずら防止のため電話番号は公表しておりません。恐縮ではございますが送り主様の番号を入力くださいませ。

---------------------------------------------------------------

ここは第一原発のある大熊町の梨園のお宅。

4年ほど前のある日

Мさんは、避難時にやむなく置いてきてしまった猫を探しているというおじいさんから保護の依頼を受けました。

その日からこの梨園のおじいさんの家も毎週欠かさずに給餌・保護活動を行っている場所のひとつとなっています。


ブログ①

ブログ①-a


ご支援いただいたフードを切らすことなく現地に運ぶことができたおかげで

ここでは多くの猫の保護に成功し、今は里親さんのもとでとても幸せに暮らしています。

ブログ②

ブログ③

しかし今もまだ途方もない孤独と飢えと寒さに耐えながら、必死で生きている命があります。

本格的な冬の訪れを目の前にして、Мさんは残されている猫の保護を目指します。


厳しい立ち入り制限があるこの地域では

保護に向かったその日に保護することが叶わない日もあります。

そのためにも猫のいのちをつなぐフードを必要としています。

どうか皆さまからのご支援を宜しくお願いいたします。
2016.11.03 / Top↑