もうなんのブログだかわからない

ポンちゃんがうちに来て間もなく4週間。

体重は一時、ようやく400gの壁を突破したものの
今週はまたひどい下痢続きで
頼みの綱のカケシアでも下痢するようになってしまった。

1509975058205.jpg

増えるときは、ほんとーーーーっに
じわ…じわ…と日に数グラムしか増えないのに
減るときは見る間にガンガン減っていくから
この一週間で、400gから320gを切るところまで急降下。

ポンちゃんが来てから、もうずっと
週に何度も病院へ行って
保温に気を配って
食事もサプリもいろいろ試した。

出来ることはしているのだけど
結果は全然ついてこなくて、どんどん打つ手がなくなっていく。

それでも本当に驚くべきことに食欲はあって
元気もあって、お膝の上で手にじゃれて遊ぶのが大好き。




この日はうちに来て初めてゴロゴロを聞かせてくれた。
10分も遊ぶと疲れて寝てしまうけど、こういう時間を大切にしたいと思う。

 
2017.11.10 / Top↑
ポンちゃんと一緒に我が家へやって来た、兄弟猫のマロくん。

DMk5SikUQAEsprh.jpg


うちに来て三週間で二倍近い体重になり

下痢ピー低体温だったのが嘘みたいにすっかり健康優良児。

DOFajeiVwAATu8q.jpg


健康すぎて、最近はポンちゃんをオモチャにすることが・・・。

どうも、バタバタ転がりながら動くポンちゃんのあの動きが

仔猫の遊び欲求を刺激するらしい。


でも、ポンは当然

おいかけっこも、とっくみあいも、全くついていけず

ただひたすら体を冷してしまうだけ。


DOFalhyVAAIapcL.jpg


そんなわけで、マロくん。

うちに来る前に預かってくれていた、凛ママさんのところに里帰り。

こちらで元気な親兄弟&親戚猫と楽しく遊びながら過ごしてもらうことにしました。

さすが家族だけあって、さっそく馴染んでいる様子だった。

マロくん、元気でね!

 
2017.11.08 / Top↑
カケシアと出会って下痢が止まり、体重もちょっとずつ盛り返して
獣医さんにお薬の量を減らそうと言われたポンちゃん。

これで一安心と思っていたのだけど‥‥。
下痢が止まって1週間。
またもやひどい下痢ピー再開。
しかも、お薬の量を戻しても止まらない。

またもや減る体重‥‥。
目は腫れぼったく、一日ぐったりしてるし
何より食欲が失せて食事から逃げるまでになってしまった。

DNY-Q7OU8AAROl4.jpg

1週間ほど調子が良かったとはいえ
体にエネルギーの余裕があるわけじゃない。
常にギリギリの崖っぷち、最低限の状態で生命を維持してるから
体調を崩すと一気に死の危険にまでさらされてしまう。

もう無理かもしれないな…
と、正直、思った。

ところが。
体調を崩した二日後。

不安いっぱいで仕事から戻ると
いつものように「ごはんごはんごはんー!!!!」と
大声で鳴きながら、元気にゲージを飛び出してきたポンちゃん。

DNd2iPbUEAAoS3K.jpg


君はなんて強い子なんだ。
わずか300gの小さな体に
どれだけ生きる力が詰まってるんだろう。

DNh6G9eUQAAD8Bm.jpg

ポンちゃんはまだまだ、諦めてない。
生きていくって、決めてるんだね。

 
2017.11.06 / Top↑
ポンとマロがうちに来て一週間。
マロも小食でほとんど体重が増えていかないけれど
ポンちゃんは食べても食べても体重が減ってしまう。

DMV3ZUIUQAASSZs.jpg

うんちを固くしようと ふやかしたドライフードをあげても
吸収しやすいようにと 消化器ケアの療法食をあげても
いっそ原点に返ろうと 仔猫用のミルクをあげても
食欲はすごいのに、結果は全部、下痢! 下痢! 下痢!!

量が少ない方が負担も少ないから
朝は5時に起きて1食目
出勤する間際に2食目
帰宅してすぐに3食目
それから夜1時までかけて、4食目と5食目。
食事の度にごはんを温め、給餌して、皿洗い。
下痢すればシーツを変え、フリースを洗濯し、猫も拭く。

嗚呼それなのに
これだけの創意工夫と努力をしても
なんと無情に減っていく体重よ。

DM-gGtQV4AAhDV4.jpg

一体なにをどうすれば良いのか途方に暮れた頃
獣医さんに勧められた魔法の白い粉‥‥(合法)
高栄養パウダーの「カケシア」
1包20gで130kcalもある超ハイカロリー食。

他の食事を全部やめて
ミルクくらいに薄めたカケシアだけを給餌すると
不思議と下痢をせず、体重も増え始めた!



ポンちゃんはもっと食べたいと不満な様子だけど
今は全部下痢しちゃう満腹より、少しでも吸収できる10cc。

神様、仏様、カケシア様
どうかどうか
がんばり屋のポンちゃんを生かしてください。

2017.10.28 / Top↑
先天的な障害による神経症状があり
栄養も吸収しづらい体質のポンちゃん。

間もなく生後2か月になるのに
体重は未だに300gを行ったり来たり。
体温はときおり35度を切ることもある。

DMoGop3UMAExgqh.jpg

栄養を付けてほしいと
温めたフードをほんの少量ずつあげても
日に6回あげたら4回くらいのペースで
ビビーッと、お決まりの激しい下痢。

量を減らしても、種類を変えても
ほとんど消化されないまま、食べた色形そのままで出てくる。
成長期なのに体重は増加どころか日々減っていく。

立って排泄することも
上手く立ち去ることもできないから
下痢をする度に身体は汚れ、体力も水分も奪われる。
それなのに体温低下が怖くてシャンプーさえしてやれない。

DMQ1bZYVAAAfKde.jpg

そんな状況だけを見れば
ぐったりして、食欲なんて皆無
ニャンと鳴くこともやっとのはずなのに‥‥

私が仔猫部屋に入ると決まって
「ごはんごはんごはんー!!!」と熱烈リクエスト。




この子はどうしてこんなに
必死で食べようと、生きようとするんだろう?

ポンちゃんは
何度下痢をしても
自分が生きていくことを、少しも疑っていない。
自分は生きていくのだと、決めている。

そんな姿を見せられたら
こっちだって諦めるわけにはいかないのだ。

 
2017.10.26 / Top↑